静かなるならず者
ホーム > 作品情報 > 映画「静かなるならず者」
メニュー

静かなるならず者

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

池田一朗・森本吉彦の共同脚本を「皮ジャン・ブルース」の飯塚増一が監督したアクションもの。「花と嵐とギャング」の星島一郎が撮影した。

ストーリー

大谷・望月・黒木・安川ら六人は、太平洋戦争の末期にラオスの寺から宝石を略奪、それをひそかにかくして帰国した。それから十六年、大谷がカンボジヤに渡りその宝石を探しだしたが、入国の際に税関逃れのため東南アジア遠征中の泉製鉄アメリカン・フットボール・チームのボールに仕こんで持ち帰った。そのボールは、白山丸の鈴木船長へ贈られ、さらにふとしたことから新港企業チームのボールにまぎれこんだ。--太平洋燻蒸は、船に巣くう鼠や油虫を青酸ガスで退治するのが仕事という、変った会社である。白山丸の燻蒸に出かけた折、邦さんが船上で不審な事故死をとげた。社長の息子裕が活動をはじめた。まずくさいと思ったのは、事件当日臨時に雇い入れた源次という男。実はその男は望月の部下の元黒木兵長だったのだが、源次もまた射殺されてしまった。その殺人現場、望月組が経営するキャバレー・サザンスターにのりこんだ裕は、そこで下着デザイナーの柴田克美、その弟子で望月の用心棒の風巻の妹京子を知った。向う意気が買われ、裕は望月の子分に望まれた。ハマの風太郎安川を見つけ、ラグビーボールの謎を知った。裕は一味の仲間割れを狙った。疑心暗鬼となった大谷は、望月組とはライバルの友田組の力を利用した。両派入りみだれての拳銃戦。宝石をかくしたラグビーボールの行方が新港企業チームにあると知った望月一派は、山手グラウンドにのりこんだ。当のボールは試合に使われていた。裕が出場しボールを抱えてグラウンドをとびだした。しかし、殺し屋の風巻と、情婦の克美が車で待っていた。ボールからは数十個のダイヤが現われた。その時望月一派、さらには太平洋燻蒸のメンバーが駈けつけて大乱戦。風巻と克美はダイヤを鷲づかみにして車にのり、ハイウェイを疾走中、ダンプカーに衝突した。燃え上る炎の中で、ダイヤモンドだけが路上に輝き残った。...

スタッフ

監督
脚本
池田一朗
森本吉彦
企画
亀田耕司
矢部恒
撮影
星島一郎
美術
田辺達
音楽
河辺公一
録音
宇田川誠也
照明
原田政重
編集
田中修

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 ニュー東映
上映時間 72分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi