ふり袖小姓捕物帖 血文字肌
ホーム > 作品情報 > 映画「ふり袖小姓捕物帖 血文字肌」
メニュー

ふり袖小姓捕物帖 血文字肌

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ふり袖小姓捕物帖 蛇姫囃子」につづくふり袖小姓捕物帖シリーズの第二作。スタッフはいずれも「ふり袖小姓捕物帖 蛇姫囃子」の顔ぶれ。

ストーリー

美濃屋のお篠が、淡島明神へ子ノ刻参りの帰途、行方不明となり、翌日、魂が抜けたような風態で家に戻ってきた。この話を聞いたふり袖小姓笛弦之介は、早速美濃屋に駈けこんだが、一家の者は皆殺されていた。とくにお篠は胸に「朱」一字の刺青を残して惨殺されていた。さらに、淡島明神の大師堂で、二人の娘が胸に「朱」の刺青をのぞかせて短刀で突き殺される事件が起った。弦之介は長屋の衆とともに、淡島明神にかくれ、子ノ刻参りの模様を見守った。鐘が子ノ刻を告げると、参拝をすませた一人の町娘を、四、五人の人影がさらった。弦之介は一行を追跡したが、一味の姿は消えてしまった。翌日、また娘が殺された。例のごとく胸に「朱」の刺青があり、短刀で一つきにされていた。弦之介は、江戸城内の書庫で、刀剣、種族に関する文献を調べた。秩父天領秘境に住む「朱紋一族」の項が目に入った。さらに弦之介は、長屋の衆の探索で次のような手がかりをつかんだ。第一に殺された娘の生国が、すべて信州、甲州、武州であること。第二に大人数の仕業で変った者の結社であるらしいこと。第三にこの結社が変った所に隠れていること。第四に誰の目にもふれていないこと。これらから賊の手口は分ったが、目的が分らない。実は朱紋一族は、甚兵衛を頭に十七年前神がくしに会った先代首領の娘をさがしに、江戸へ出ていたのだ。しかし、一味の中で秩父三卿を奪おうとする伝蔵らは、子年の娘を殺し、騒ぎを大きくして江戸を去ろうとしていた。しかも、伝蔵は甚兵衛の孫あぐりに邪恋を抱いていた。だが、あぐりは追ってきた弦之介の心に触れ、伝蔵を避けた。伝蔵らは甚兵衛、あぐりらの虐殺を企んだ。一瞬、弦之介が駈けこみ、野望をくじいた。やがて、朱紋一族は秩父一族と名をかえ平和郷へと帰っていった。...

スタッフ

監督
脚本
池上金男
企画
加藤邁
撮影
脇武夫
美術
桂長四郎
音楽
松野国照
録音
鳴坂武美
照明
前田光秋
スチル
平井稔乃

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 63分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi