機動捜査班 秘密会員章
ホーム > 作品情報 > 映画「機動捜査班 秘密会員章」
メニュー

機動捜査班 秘密会員章

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

機動捜査班シリーズの第三作。「機動捜査班 罠のある街」のコンビ長谷川公之・宮田達男の脚本を、同じく「機動捜査班 罠のある街」の小杉勇が監督した。撮影も同じく松橋梅夫。

ストーリー

クラブ“コンガ”が数人の暴漢に襲われた。警視庁の木村、大宮刑事がかけつけた時には、暴漢の姿はなかった。二人は岡部組の仕業以外に何かあることに気づき、警視庁にもどり遠山係長や伊藤、金子部長刑事と対策を練った。“コンガ”の持主雲井組とクラブ“エレン”の持主岡部組との争いは絶えなかった。“コンガ”を洗う決意をした木村の手には、店で拾った奇妙なバッジがあった。張込みの結果、“コンガ”に例のバッジをつけた男たちが入って行くのをみつけ、木村と金子もその中にまぎれこんだ。奥の部屋は大賭博場になっていた。ホステスのリエが客たちに愛橋をふりまいていた。金子が外部へ連絡に行ったスキに、木村は何者かに殴られ気絶した。金子と警官隊が駆けつけた時、密室の中には何一つ残っていなかった。木村は警察手帳と拳銃を奪われていた。責任を感じて警視庁にかえれぬ彼をリエが呼び出した。彼女の後には拳銃と手帳を持った雲井が立っていた。雲井はバッジと交換だといった。木村は“エレン”でも同じ賭博場が開かれ、客の奪いあいが争いの種だとわかった。木村はバッジを雲井に渡した。が、雲井は岡部組をつぶすまでは彼を利用するといって、手帳を返えさなかった。雲井は木村の手帳を使って乾分の平沢をニセ刑事に仕立て“エレン”に入りこませた。岡部組の秘密会員章を手に入れた雲井は、警察に密告し、岡部組は一網打尽にされた。勝った雲井は、新しい賭博場を作った。が、警官隊にふみこまれた。木村の仕業と知った雲井は、彼を連れて箱根へ逃げた。が、後からはパトカーが追って来て、遂に雲井は手を上げた。雲井の車には木村が特殊発信装置を仕掛けてあったのだ。そして木村の嫁和子が遠山との連絡をつとめていた。遠山は木村の辞職願を破りすてた。パトカーの一隊は箱根の山を意気たからかに下っていった。...

スタッフ

監督
脚本
長谷川公之
宮田達男
企画
柳川武夫
撮影
松橋梅夫
美術
西亥一郎
音楽
小杉太一郎
録音
宮永晋
照明
熊谷秀夫
編集
近藤光雄
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi