背広姿の渡り鳥
ホーム > 作品情報 > 映画「背広姿の渡り鳥」
メニュー

背広姿の渡り鳥

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

田坂啓・桜井康裕の脚本を昇進第一回の砂見国博が監督したアクション・ドラマ。撮影は「悲しき60才」の渡辺徹。

ストーリー

佐山道夫は久方ぶりに故郷へ舞いもどってきた。母のきく、姉の理恵子は、新興やくざの海堂重策一味に痛めつけられていた。かつてはれっきとした佐山組の親分であった父が死んで以来、多勢いた子分たちもすべて海堂組へ移ってしまい、今残っているのは一味に足をやられて不自由になった清治だけだった。細々とビリヤードを経営する変りはてた家族の姿に、道夫は切歯扼腕した。キャバレー「ギンガム」に本拠をおく海堂らの当面の目的は、町に一大歓楽センターを建設すること、それにはビリヤードのある土地が邪魔で、彼らはことごとに店を売れと無理難題のいやがらせをするのだ。「ギンガム」にピアノ弾きの新顔が加わった。道夫が故郷への道すがら、ヒッチハイクに拾ってもらった白井五郎と名のる風来坊だ。「ギンガム」に挨拶代りにのりこんだ道夫を、あわやというところで五郎が救った。こうして二人のあいだに友情が生れた。五郎は清治のアパートに同居することになった。毎日のように店に来ては乱暴を働く海堂の子分たちのふるまいに、道夫の怒りは爆発した。しかし、単身なぐりこみをかけた道夫は、さんざんうちのめされ、半殺しにされてしまった。佐山一家にとって、今は五郎一人が頼りだ。海堂組の資金源となっている東京の極東観光の専務を迎えて、彼らの暴力沙汰は目にあまるものとなった。このままでは町は無法地帯になってしまう。遂に五郎は敢然と起ち上った。...

スタッフ

監督
脚本
田坂啓
桜井康裕
企画
竹谷豊一郎
撮影
渡辺徹
美術
高橋康一
音楽
伊部晴美
録音
三橋真
照明
田熊源太郎
スチル
宮崎忠男

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 68分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi