赤いネオンに霧が降る
ホーム > 作品情報 > 映画「赤いネオンに霧が降る」
メニュー

赤いネオンに霧が降る

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「若い明日を突っ走れ」の佐治乾の脚本を、「大学武勇伝」の相野田悟が監督したアクション・ドラマ。撮影は「東京新撰組(1961)」の福島宏。

ストーリー

江戸川は最近メキメキ売り出してきた近藤組を、拳銃によって一気に壊滅しようと、神戸から拳銃ブローカーの石井をよんだ。あこぎな江戸川は石井の持ってきた大量の拳銃を騙しとろうと、手下の鈴木とチンピラの新一を石井の身辺に張りこませたが、役者が一枚上の石井は、すべて彼らの裏をかき、逆に法外な値段を吹っかけてきた。そこで江戸川は、お抱えの殺し屋小山の拳銃に物言わせようとしたが、これも見事な石井の拳銃捌きに手も足もでないという有様だった。こんな石井の姿に新一はだんだんひかれていった。紅華飯店に働く新一の姉則子もまた、石井に好意を寄せていた。則子は、やくざ仲間とつきあう新一の素行に頭を痛めていたが、石井が拳銃ブローカーとは知らなかった。江戸川の情婦弘子は、家が破産した時、江戸川に家屋敷を騙し取られ力ずくで情婦にされ、心から江戸川を憎んでいた。そして弘子と通じる小山は、時あらばと江戸川の縄張りを狙っていた。石井は江戸川組との商売を諦めて、近藤組に拳銃を売りこんだ。その時、何者かのために近藤は射殺された。石井の仕業と信じた近藤組は石井を襲った。その危い瞬間を石井は新一に救われた。新一は犯人を目撃していたが、やくざの仁義をたてに名前を教えなかった。石井は小山こそ犯人と薄々感づき、江戸川組にのりこんだが、小山に銃床で殴り倒されてしまった。その石井を弘子が助け出すが、江戸川の拳銃に弘子は倒れた。だが弘子の一弾も江戸川を倒していた。その頃、近藤組の大沢達は、則子を監禁、新一に口を割らせようとしていた。それを知った石井が飛びこんできた。石井の拳銃は大沢達を押え、則子と新一を救い出した。その時、小山が石井を狙って現われるが、石井の拳銃に倒されてしまった。翌朝、警官に連れていかれる石井のすがたを、則子と新一はいつまでも見送っていたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
佐治乾
企画
大賀義文
撮影
福島宏
美術
荒木友道
音楽
三保敬太郎
録音
矢島一隆
照明
城田昌貞
編集
鈴木寛
スチール
加藤光男

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 ニュー東映
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi