千両鴉
ホーム > 作品情報 > 映画「千両鴉」
メニュー

千両鴉

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「中乗り新三 天竜鴉」のコンビ宇野正男と岸生朗の脚本を、「お夏捕物帖 通り魔」の萩原遼が監督した、三波春夫の鴉シリーズ第二作。撮影は「快人黄色い手袋」の服部幹夫。

ストーリー

高崎の宗兵衛親分のところに草鞋を脱いでいた知らずの春太郎は、一宿一飯の義理から渋川の治三郎を傷つけ旅に出た。治三郎の娘お品と縄張りを狙っていた勝浦の島蔵は、治三郎を殺害、罪を春太郎にきせた。お品は春太郎を追って旅へ、島蔵もまた、春太郎を斬って悪事のフタをするため子分達を率いて旅に出た。とも知らず旅を行く春太郎。そんな春太郎の様子を見守る二人の男--一人は春太郎に好意をもつ旅の若侍大野木伊織、もう一人はお品の手先どろんの半助である。善光寺街道田中の宿で、深夜、お品は春太郎を襲うが伊織の機転で春太郎は救われた。春太郎はお品に下手人は他にいるといって宿を飛び出した。島蔵一行は、下戸倉で二足の草鞋の伝兵衛親分の助けをかりて春太郎を襲った。その乱闘中春太郎は、女衒の六造に欺され軟禁されていたお咲とめぐり逢い故郷の変事を聞くやともに柏崎へ飛んだ。越後柏崎の城下町では家老山脇勘太夫の上納米二割増の布令に対し、凶作に困り果てた百姓達をかばった庄屋岡村新左衛門は暗殺され、新左の義母おたきは、新左の妻子を安全な実家へ逃すが、自分は城内の牢へ入れられていた。お咲とともに柏崎へ帰った春太郎に、島蔵が追いうちをかけて来た。島蔵は春太郎との掛け合いの最中、春太郎につきまとうお品の前でうっかり治三郎殺しをしゃべってしまった。春太郎はお品を助けて島蔵を討った。春太郎は城中に忍びこんで母おたきに会った。義兄の跡目を譲るため家を出た春太郎の苦労を知っておたきは泣いた。その頃、城中では、幕府目付役大野木伊織が勘太夫の取調べを行っていた。今はこれまでと伊織に斬りかかる勘太夫一味。かけつけた春太郎が伊織をかばって勘太夫を斬った。翌朝、伊織の好意でやくざのアカを洗いに一年の旅に出る春太郎にお品がそっとより添っていた。...

スタッフ

監督
脚本
宇野正男
岸生朗
製作
杉山茂樹
撮影
服部幹夫
美術
加藤喜昭
音楽
加藤三雄
録音
森沢仙一
照明
市橋重保
編集
天野栄次

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi