あるコールガールの証言 露出
ホーム > 作品情報 > 映画「あるコールガールの証言 露出」
メニュー

あるコールガールの証言 露出

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

政府高官たちに利用されるコールガールの悲劇を描いたロマン・ポルノ。脚本は橋本路生と「淫絶未亡人」の吉原幸夫、監督は「「妻たちの午後は」より 官能の檻」の西村昭五郎、撮影は「好色演技 濡れ濡れ」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

変化のない美容師修行に倦きた麻紀は、丹下の誘いにのせられ高級コールガールの道に入った。相手は政府高官や経済界の実力者ばかりである。豊満な肉体、とろけるような肌ざわりの麻紀に老人たちは狂喜する。そんなある日、麻紀が暴漢に襲われた時に、黒人混血少年の良夫と知り合い、共に沖縄出身で暗い過去を持つ二人は急速に惹かれていった。麻紀は石油業界の大立者・大田垣のもとにあずけられた。来日する外国人たちとセックスしながら情報を集めるスパイ行為が麻紀の役目である。一方、丹下は良夫にホモを強いたが拒まれ、あやまって事故死してしまった。良夫はあわてて麻紀の所にかけつけたが、彼女は丁度、重要人物のケンドールとホテルに入るところだった。そしてケンドールに侮辱された良夫はつかみかかったが、逆に射殺されてしまった。この事件は全て裏から手がまわされ、麻紀の証言は完全に無視されて、良夫は「自殺」と断定されてしまった。良夫の白い骨箱を抱く麻紀は、政財界の背後の巨大な黒い手に、ぶつけようのない絶望的な憎悪を感じていた。...

スタッフ

監督
脚本
橋本路生
吉原幸夫
企画
佐々木志郎
製作
樋口弘美
撮影
山崎善弘
美術
川船夏夫
録音
橋本文雄
照明
松下文夫
編集
鍋島惇
助監督
黒沢直輔
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi