昭和おんなみち 裸性門
ホーム > 作品情報 > 映画「昭和おんなみち 裸性門」
メニュー

昭和おんなみち 裸性門

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

それぞれ違った環境で育った双生児が、運命のいたずらによって巡り合い、愛し合うようになってしまった……名誉を重んじる封建時代の人間模様を浮き彫りにする。脚本は「戦争を知らない子供たち」の大和屋竺、監督は「不良少女 野良猫の性春」の曽根中生、撮影は「恋の狩人 欲望」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

大正時代。侯爵桂川実篤は財界にも知られた大物だったが、子宝に恵まれなかった。妻・綾子は、夫が妾を囲うようになると、半ば公然のように若い男と浮気をするようになった。やがて、実篤が強引に妾にした、彼の護衛役・藤堂貞之助の恋人・戸田しのが実篤の子を宿した。しのは間もなく、男と女の双生児を生んだ。男の子は桂川家に引きとられ、女の子はしのと共に姿を消した。それから十九年が経ったある日、藤堂はしのからの手紙を受け取った。彼は、しのの許へ急行したが、再会を喜ぶ間もなく、しのは息を引きとった。しのの娘・鏡子は藤堂のもとで暮すようになった。ある日、鏡子は、娼婦になりたい、と言って藤堂を驚かせた。彼女の突飛な考えに、藤堂は綾子の看視を厳しくしたが、彼女は、春栄楼で娼婦として働きはじめた。一度は説得に行った藤堂だが、彼女の決意の固いことを知り、諦める。数ヵ月過ぎて、鏡子が同僚の菊江の客をとったことから大騒ぎになり、このことを機会に、鏡子は娼婦から足を洗った。平隠な日が過ぎて、ある日、鏡子は桂川浩義という青年と知り合った。運命のいたずらが、双生児の二人を引き合わせたのだが、勿論、二人は、互いが双生児という関係であるとは知らない。ある日、鏡子は浩義の招きで、桂川家へ遊びに行った。実篤は、鏡子の姿を見て、若い頃のしのに生き写しなので驚く。早速、藤堂のもとへ使いを走らせる一方、鏡子を消そうと計るのだった。実篤が放った刺客から、鏡子を守ってやった藤堂は、決心して、初めて鏡子に出生の秘密を告げた。鏡子は何を決心したのか、単身桂川家へ乗り込んでいった……。...

スタッフ

監督
脚本
大和屋竺
企画
岡田裕
撮影
森勝
美術
徳田博
音楽
奥沢散策
録音
神保小四郎
照明
川島晴雄
編集
辻井正則
助監督
浅田真男
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 72分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi