(秘)大奥外伝 尼寺淫の門
ホーム > 作品情報 > 映画「(秘)大奥外伝 尼寺淫の門」
メニュー

(秘)大奥外伝 尼寺淫の門

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

徳川時代の大奥を舞台に、初めての夜伽の時に相手の将軍が頓死したために、一生を戒律の厳しい“尼僧”ぐらしを強いられた女の悲劇を描く。脚本は「官能教室 愛のテクニック」の中島丈博、監督は「白い天使の抱擁」の藤井克彦、撮影は「(秘)弁天御開帳」の萩原憲治がそれぞれ担当。

ストーリー

大奥女中のおさよが、将軍家重の目にとまり、始めての夜伽を命じられた最初の夜、家重は突然、腹上死してしまった。家重の死去で、将軍の手のついた中臈だけは“比丘尼屋敷”に移された。彼女たちは、この屋敷で一生、将軍の冥福を祈らなければならなかった。ある夜、屋敷に逃げこんだ男がいた。禁欲を強いられていた若い彼女たちは、その男の肉体にむさぼりつくのだった。数日後おさよは、叔父の死去で外出を許され、かつての許婚者・敬之介と再会した。しかし、一生嫁を迎えないという敬之介に、後髪を引かれる思いで屋敷へ戻るのだった。やがておさよは老中水野家に放火した犯人が、屋敷に匿っている男・孫三郎だと知るが、現在の彼女にとってそんなことはどうでもよかった。孫三郎はおさよの燃えたぎる肉体を冷ましてくれるからだ。将軍の一周忌が近づいた頃、孫三郎が、過って古井戸に落ちて死んでしまった。このことは隠密裏に処理された。やがて、一周忌参列の使者が屋敷を訪れた時おさよは、あらぬことを口走りながら、遠い空を見つめていた……。...

スタッフ

監督
脚本
中島丈博
企画
結城良煕
撮影
萩原憲治
美術
大村武
音楽
月見里太一
録音
木村瑛二
照明
熊谷秀夫
編集
井上親弥
助監督
程原武
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi