セックス・ライダー 傷だらけの欲情
ホーム > 作品情報 > 映画「セックス・ライダー 傷だらけの欲情」
メニュー

セックス・ライダー 傷だらけの欲情

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

家庭への、そして彼らを取りまく社会への反抗が衝動的な破滅への行動をとる。追いつめられた二人の兄妹を中心に傷ついた青春を近親相姦を通じて描く。脚本は峰尾基三と「反逆の報酬」の永原秀一、監督は「セックス・ライダー 濡れたハイウェイ」の蔵原惟二、撮影は「戦国ロック 疾風の女たち」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

一郎と幸子の兄妹の逃亡生活は、彼らをとりまく家庭・社会への衝動的な反抗として農協を襲ったことから始まった。逃亡中、二人は自然な形で結ばれた。途中、逃走資金を稼ぐべく二人は伯父、林俊彦を強迫し百万円の金を得た。林は即、二人を警察に訴えた。指命手配。追いつめられていく一郎と幸子の愛はますます強く結ばれていった。次に二人はデパートの宝石売場を襲撃し、その際に店員一人を殺してしまった。本格的な車での逃亡生活が始まる。刑事との乱闘の末、傷ついた一郎と幸子は、とある海岸べりの日下家に辿りついた。倦怠期を迎えていた日下達雄と妻美奈子は、かっこうの刺激剤として二人を迎え入れた。一郎も幸子との不倫の関係を精算すべく、あえて美奈子を抱こうと決心し、達雄には幸子と寝るように要求した。しかし、一郎は美奈子を抱くことはできなかった。そして、達雄と寝た幸子を罵るのだった。翌朝、家は警察に包囲されていた。一郎に拒否された美奈子が密告したのだった。...

スタッフ

監督
脚本
永原秀一
峯尾基三
企画
伊地智啓
撮影
森勝
美術
菊川芳江
音楽
真田勉
録音
秋野能伸
照明
松下文雄
編集
鍋島淳
助監督
八巻晶彦
スチール
寺本正一

キャスト

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 74分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi