官能地帯 哀しみの女街
ホーム > 作品情報 > 映画「官能地帯 哀しみの女街」
メニュー

官能地帯 哀しみの女街

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

華やかなネオンの影で働く夜の蝶たち。その艶やかに着飾った笑顔に隠された彼女たちの生活の苦悩を描く。脚本は江口楯男、監督は「白い指の戯れ」の村川透、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

ストーリー

新宿の一隅にあるバー“スワン”のママ、恵子が子宮外妊娠で倒れた。恵子の看病のため上京した妹、美紀の世話により、恵子はやがて全快する。美紀はそのまま“スワン”で働くことにした。ある日、美紀が、恵子と同棲中の熊貝と二人になったとき、熊貝が突然美紀を襲い、彼女を犯してしまった。しかし美紀はすでに処女ではなかった。田舎にいる頃、恋人の幸男に抱かれた経験があったのである。そして数日後、美紀は上京中の幸男と再会した。現在でも互いに愛し合っていることを再確認した二人は、将来二人で店を持とうと約束するのだった。美紀が独立すると知った恵子は反対するが、美紀の決心は変らなかった。幸男はホスト・バーへ勤めて貯畜した金が一軒の店を持てるまでになり、やがて、バー“みき”を開店させた。スベリ出しは上々で、相変らずホストクラブへ勤めている幸男は、美紀と成功を喜びあう。ところが、ある日、幸男はホストクラブの常連の客、旗子と箱根に出かけたところ、旗子の無理心中の犠牲となってしまった……。一方、恵子と熊貝は、永年つづけた同棲生活を精算、人生の再出発を誓い合った。数日後、“みき”の店で働く恵子の晴々とした姿が見られた。...

スタッフ

監督
脚本
江口楯男
企画
伊藤亮爾
撮影
姫田真佐久
美術
菊川芳江
音楽
月見里太一
録音
古山恒夫
照明
川島晴雄
編集
辻井正則
助監督
中川好久
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 72分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi