好色家族 狐と狸
ホーム > 作品情報 > 映画「好色家族 狐と狸」
メニュー

好色家族 狐と狸

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

親がまだ死ぬ前から、子供たちがその財産分割で、欲の皮をつっ張らせて起こす大騒動を描く。脚本は「おんな天国 子だね貰います」の宮下教雄監督は「牝猫たちの夜」の田中登、撮影は「雨のヘッドライト」の安藤庄平。

ストーリー

宝田ユメには五人の娘がおり、現在は五女、タマ子と同居している。長女クラ子、次女カネ子、双生児の三女キン子、ギン子の四人は滅多に顔を見せたことはなかった。ところが、ユメがガンで数日の寿命と知った娘たちは続々と集って来た。というのも、ユメの時価二億円相当のダイヤの分配が気かかりだったからである。彼女らは、キン子を除いて、それぞれ、ひと癖も、ふた癖もありそうな男といっしょだった。クラ子は亭主の古田、カネ子は現在失踪中のヤクザの亭主の弟分高森、ギン子は彼女に夢中の畑山である。彼ら、彼女らはユメのダイヤの隠し場所を捜す一方、女房・亭主の陰でセックス・プレイを楽しむのだった。ところが娘たちの思惑とは裏腹に、ユメは食欲も旺盛で娘たちを驚かせる。やがて、ユメを診察したのがニセ医者で、ガンというのは誤診だったということが判明した。ところが、タマ子がユメに知らせに行くと、何とユメは布団の上で大往生をとげていた。強欲なユメは、ダイヤをオブラートに包んで飲んでいるうちに、窒息死したのだった。そのことに娘たちが気づいた時はすでに遅くユメの死体は火葬湯のカマの中へ入れられた後だった。...

スタッフ

監督
脚本
宮下教雄
企画
三浦朗
撮影
安藤庄平
美術
山本陽一
音楽
奥沢散策
録音
高橋三郎
照明
松下文雄
編集
鈴木晄
助監督
海野義幸
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 72分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi