無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた
ホーム > 作品情報 > 映画「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」
メニュー

無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

時代小説に新しい股旅ブームを捲き起した笹沢佐保原作の同名小説の映画化。一度は渡世の足を洗った男が、妻子を惨殺され復讐の旅に出る……。脚本は「現代やくざ 人斬り与太」の石松愛弘。監督は「片足のエース」の池広一夫。撮影は「沈黙」の宮川一夫がそれぞれ担当。

ストーリー

旅から旅へさすらい、喧嘩の修羅場に命を張る一匹狼--房州無宿・御子神の丈吉。渡世人はその名を聞いただけで恐れた。ある日、丈吉は、足の生爪をはがして高熱を出し、宇都宮の茶屋の娘、お絹の手当てを受けた。ところが、このお絹を如来堂の久兵衛と開雲の長五郎が張り合っており、無理矢理お絹を連れ去ろうとするのを、丈吉が邪魔をする。仕返しを恐れたお絹を丈吉は連れて土地を離れた。--三年後。お絹との間に一粒種、小太郎をもうけた丈吉は、武州本庄宿で細工師として堅気の暮しをしていた。ある日、丈吉は仕事で宇都宮を通るが、久兵衛と長五郎に捕われ残酷な私刑にあい、左手の薬指と小指を潰されるが、お絹と小太郎のことを思い耐え忍ぶのだった。だが、その頃、久兵衛と長五郎の子分たちが、当時追われていた、国定忠治を逃すために本庄宿で、忠治と落ち合っていたが、偶然、お絹と小太郎を見つけ惨殺してしまった。丈吉の怒りが爆発した。恋女房と息子の仇、忠治、久兵衛、長五郎を討つべく、丈吉は一度は捨てた渡世人に舞い戻るのだった。お絹の形身の赤いシゴキを腰にまき、長脇差の封印を切る。丈吉は久兵衛を急襲したが、渡世人疾風の伊三郎に邪魔され、肩を斬られ河に転落した。傷ついた丈吉は、盛助、お妻父娘の湯治場で傷をいやしていた。ある日同宿している松次郎、お千加夫婦を鬼面の権太らが襲い、松次郎を谷底へ突き落し、お千加に牙をむけた。丈吉の脳裏にお絹の無惨な姿がかすめた。丈吉は怒りの長脇差を振い、無宿人たちを激退させる。お千加は丈吉が忠治を捜しているのを知り、沓掛に住む、お千加の伯父、銀蔵を紹介する。銀蔵は三ツ家喜十一家の代貸をしているが、喜十を立会人に、丈吉と忠治を対面すべく計る。長脇差を喜十の子分に渡し忠治を待つ丈吉の前に現われたのは、忠治ではなく、死んだはずの松次郎こと、喜十一家の跡目をつぐ巳之吉と、久兵衛、そして喧嘩支度の子分たちだった。丈吉が忠治を狙うのを知った巳之吉が、堅気の商人になりすまし、女郎のお千加を女房役に仕立てて、丈吉を銀蔵の所へ誘ったのであった。勿論、銀蔵ら無宿人の襲撃も芝居のひとつだった。巳之吉の合図で、いっせいに長脇差が丈吉を襲った。その瞬間、丈吉の左手ののびた爪が巳之吉の眼球を引き裂いた。素早く巳之吉の長脇差を奪い久兵衛、銀蔵を倒し、むらがる子分たちに凄絶な必殺の長脇差を振う丈吉--その大乱闘の中に黒い道中姿の伊三郎が丈吉の助っ人にとびこんできた…。...

スタッフ

監督
脚本
石松愛弘
原作
笹沢左保
製作
奥田喜久丸
撮影
宮川一夫
市原康至
美術
小島基司
音楽
渡辺岳夫
録音
原島俊男
照明
今泉千仭
編集
諏訪三千男
スチール
中山章

キャスト

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

あずみ スタンダード・エディション[DVD] 黄金花 -秘すれば花、死すれば蝶-[DVD] オリヲン座からの招待状[DVD] 浪人街 RONINGAI[DVD]
あずみ スタンダード・エディション[DVD] 黄金花 -秘すれば花、死すれば蝶-[DVD] オリヲン座からの招待状[DVD] 浪人街 RONINGAI[DVD]
発売日:2003年11月21日 最安価格: ¥5,184 発売日:2010年10月2日 最安価格: ¥3,201 発売日:2008年4月21日 最安価格: ¥5,076 発売日:2007年11月28日 最安価格: ¥3,283
Powered by 価格.com

他のユーザーは「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi