夜のならず者
ホーム > 作品情報 > 映画「夜のならず者」
メニュー

夜のならず者

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ストーリー

ホステス引き抜き、キャバレー乗っ取り、売春にまつわる暴力抗争など、銀座を舞台に夜の世界に暗躍する男女の性態を描く。脚本は「ポルノの帝王」の小野竜之助。監督も同作の内藤誠。撮影は「昭和残侠伝・吼えろ唐獅子」の星島一郎がそれぞれ担当。 ネリカンをでたばかりの江島克也が、銀座で羽振りをきかす矢野組の神永に拾われたのは、ちょうど十数年前のことだった--。銀座の水に洗われた克也は、またたくまに名うてのプレイボーイやくざになった。だが、ある事件で警察の手入れの煽りを喰った克也は、バンコクの西田を頼って国外に逃れ、夜の銀座でみがいた腕を巧みに利用し、日本人観光客相手に稼ぎまくった。そして、数年の歳月が流れ、西田が原因不明の死をとげたことから、克也は再び日本に戻ってきた。残された西田の一人娘淑子が住む横浜に舞い戻った克也は、彼女に西田の遺骨を渡した。そして、横浜に流れてきていた松子と手を組み外国人相手の手配師に納まるが、横浜を縄張りとする、西田の兄弟分だった塚本組々長塚本と対立してしまう。そんな克也の身を案じた淑子は、彼のために、塚本が前々から眼をつけていたアパートの権利書を手渡してしまう。一方、克也を殺しにきた塚本組の刺客桑原は、克也のきっぷにほだされて寝返り、克也と手を組んで銀座進出を計る。何年振りかで銀座に帰ってきた克也は、その町の変貌に驚ろいた。暴力団地図も変り、矢野組に変って銀友会、塚本組、それに関東誠友会といった全国的な組織を誇る強大な勢力をもつ暴力団が牛耳っていた。克也は、今はレストランを経営する神永の力を貸り、銀友会の太田黒から店をあずかることに成功し、そのカスリをかすめていた。その頃、克也のために塚本に身体を売った淑子は、銀座へと流れてきていたが桑原と出逢ってしまう。克也は彼女を神永のもとにかくまうが太田黒に感ずかれてしまう。そして太田黒は組員を使って淑子を奪い返そうと神永を殺害した。兄貴分だった神永が殺されたことを知った克也、桑原は、この銀友会の汚いやり口に怒りが爆発した。淑子が止めるのも聞かず、銀友会の事務所へと姿を消した。...

スタッフ

監督
脚本
小野竜之助
企画
矢部恒
撮影
星島一郎
美術
中村修一郎
音楽
河辺公一
録音
小松忠之
照明
銀屋謙蔵
編集
山中修
助監督
岡本明久
スチール
遠藤努

キャスト

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「夜のならず者」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi