ポルノの帝王
ホーム > 作品情報 > 映画「ポルノの帝王」
メニュー

ポルノの帝王

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「帝王」シリーズ第四作。脚本は「夜の手配師 すけ千人斬り」の小野篭之助、監督は「不良番長 手八丁口八丁」の内藤誠。撮影はこの作品でデビューする新人清水政一がそれぞれ担当。

ストーリー

大阪で、自慢のデカチンがはれあがるという奇病にとりつかれた松村浩は、弟分の政を頼って、横浜の黒田診療所で治療をうけることになった。医師の黒田は、浩が五億円で病院を建てると誓ったあの九州の医者の弟で、兄同様、貧乏人に無料で治療を続けている。その黒田の治療をうたけ浩は、政の弟分菊男の所有するオンボロのダルマ船、梵天丸を仮住居に定めた。そして、東洋医学研究所の看板を掲げ、関税夫人の百合子を陥落させて通関許可証を手にいれ、密貿易で九百万を稼ぎだした。だがこの金は、暴力団陣馬組に権利書を奪われ、立ちのきを迫られた診療所を取り戻すために使われた。浩は次に、外国船からエロ写真を買い、ポルノショップを開業。金持夫人を相手に稼ぎまくった。その頃、九州の浩の家の隣に住んでいた清美は、父親が炭鉱で落盤事故にあい大怪我をしたため、学校を中退し、横浜の日浦化学というプラスチック工場に就職することになった。清美と浩は何年ぶりかで再会した。一方、陣馬組は、日浦化学の社長日浦大五郎、それにポリネシヤの季大人という口入れ屋のやくざ者と手を組んで、炭鉱から少女たちを集めて東南アジアに売りとばす計画を進めていた。日浦の妻應子は、浩の東洋医学研究所に通ううち、夫と別れることを決め日浦化学が悪辣な手段で女子工員たちを喰いものにしていることを浩に知らせる。日浦化学に勤める清美たちに危機が迫っていることを知った浩と政は、陣馬組とまっこうから対決した。...

スタッフ

監督
脚本
小野竜之助
企画
矢部恒
撮影
清水政一
美術
江野慎一
音楽
小杉太一郎
録音
井上賢三
照明
銀屋謙蔵
編集
長沢嘉樹
助監督
小平裕
スチール
加藤光男

キャスト

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ポルノの帝王」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi