制服の胸のここには
ホーム > 作品情報 > 映画「制服の胸のここには」
メニュー

制服の胸のここには

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「小説ジュニア」に連載されていた富島健夫の同名小説の映画化。誰もが学生時代に一度は経験したようでいて、想像しただけにとどまっているセンチメンタルな初恋と友情を具体的なエピソードで描く青春映画。脚本は武末勝、監督は脚本にも参加し、これが監督昇進第一作の渡辺邦彦。撮影は「初めての旅」の中井朝一がそれぞれ担当。なお渡辺邦彦は渡辺邦男監督の長男で昭和三十一年早稲田大学英文科卒業。同年東宝に入社した。

ストーリー

竹中京太は名門高として名高い縁蔭高校の二年生。父は開業医で、母はない。クラスは受験勉強に青春を賭ける秀才の高川、いつも三枚目の役割を果している花守、札つきの不良青木など多士才々だが彼は誰とでもつき合っている。しかし、ヘルマン・ヘッセを愛読し、多感な胸のうちを理解し合っているのは他クラスの森口芙佐子しかいなかった。毎朝、京太と芙佐子は同じバスで通学し、放課後川の堤を二人の将来などについて語りながら肩を並べて散策したりした。京太は芙佐子の写真を定期入の中に秘めていたし、芙佐子も京太の写真を大切に机にしまっていた。その二人の間を引き裂き、芙佐子の純粋なプライドを著しく傷つけるような事件が持ち上った。不良学生青木に友達仁義のため試験の答案をみせたことから友情が芽生え、京太は夜の街に案内された。あるスナックの中、卑わいな男女の群がっている一隅で彼は、とかくの噂のある白梅高校の若宮由紀子に紹介された。高校生とはいえ由紀子と京太は明らかに異なった社会に住んでいた。初めて酒を飲んだり、由紀子に呼びだされキスを交したりして京太は急速に変っていった。そして二人が抱き合う姿を芙佐子に目撃された。芙佐子が京太との絶交を胸に誓ったのはその時だった。しかし京太の急変する姿に理性では軽蔑しながらも、意識の裏側では惹かれていった。絶交を言い渡された京太は、芙佐子の目の前で衝動的に不良グループに飛び込んでいった。若い二人の行動は一寸とした誤解がもとで更に大きく離れていくようにみえた。前々から、芙佐子に好意を抱いていたワンダーホーゲル部の気障な連中が、彼女を誘って一緒に山歩きをしようという。京太の目から見ると、芙佐子はあてどもなく遠くへ去っていくように見えた。冬休みがきた。しかし、出発の朝芙佐子の姿は集合場所には見当らなかった。みずみずしい青春の愛の息吹が、京太と芙佐子を再び結び合わせたのだ。...

スタッフ

監督
脚本
武末勝
渡辺邦彦
原作
富島健夫
製作
田中文雄
撮影
中井朝一
美術
本多好文
音楽
佐藤勝
録音
増尾鼎
照明
平野清久
編集
小川信夫
助監督
津島平吉
スチール
石月美徳

キャスト

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi