カムイ外伝(1969)
ホーム > 作品情報 > 映画「カムイ外伝(1969)」
メニュー

カムイ外伝(1969)

劇場公開日

解説

白土三平の長編漫画の映画化。監督は渡辺米彦。撮影は西野正行が担当。1969年放映のテレビシリーズの21~26話の再編集版。別題「忍風カムイ外伝 月日貝の巻」。

ストーリー

日陰の中で朽ち果てる運命を背負っている忍者の中でその宿命に反逆を企てた若者、カムイは大頭の配下に追われていた。抜け忍に対する処罰は死以外になく、カムイの行く先々には白刃が閃き、鮮血がとんだ。追っ手のために窮地に立つカムイを救ったのは、抜け忍の過去を持つ半兵衛と、くの一スガルだった。カムイの意識が回復し、村をはなれようとした束の間、豊漁をつづけていた半兵衛は密告により捕えられてしまった。はりつけ柱にくくられ、死を待つ半兵衛を救うために、刑場で暴れるカムイとスガルの手助けをするのは、どこからともなく現われては不動を頭とする鮫殺しの面々だった。村にもどったカムイに、半兵衛の娘サヤカは美しい貝を手渡した。月日貝と呼ばれるこの貝を別々にもっているといつか必ずいっしょになれるといわれ、サヤカはこの月日貝に自分の気持を托したのだった。一方、これが縁となって、不動の鮫殺しのグループに加わったカムイは、彼らもまた抜け忍であることを知る。ある日、不動は迫っ手のかかった抜け忍を助けるためにカムイの助力を求めた。死闘の末、抜け忍の二人を助けて、島を離れようと小舟に乗ったが、その小舟の中で背後から襲われ、カムイは海中に転落してしまった。海に落ちたカムイを追うものは、空腹をかかえた人喰い鮫だった。海に浮んだカムイの着物の切れはしを手にした不動は、カムイの死を確認した。彼も大頭の派遣した追っ手の一人で、この抜け忍との一幕もカムイを殺す芝居に過ぎなかったのだ。しかし九死に一生の思いでこの難を逃れたカムイは、命の恩人半兵衛までが不動の手にかかって殺されたことを知ると、怒りが爆発し不動と対決した。そして不動を倒したカムイは、抜け忍という重い宿命を背負って果てしない旅にでるのだった。...

スタッフ

監督
監修
松本美樹
原作
白土三平
製作
村田英憲
撮影
西野正行
美術
大隅敏弘
音楽
水谷良一
録音
IMAGICA
編集
矢吹敏明
ナレーション
城達也

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 人間の本質。 現在進行形でカムイ伝を読んでいます('15.02.12現在)。 日本映画専門チャンネルでたまたま放送されていたものを録画して鑑賞。 ここまで剥き出しの人間を描写しているアニメって今でも可能なのか... ...続きを読む

    Nori Noriさん  2015年2月12日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「カムイ外伝(1969)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi