豹は走った
ホーム > 作品情報 > 映画「豹は走った」
メニュー

豹は走った

劇場公開日

解説

「娘ざかり」の長野洋と「女賭博師花の切り札」の石松愛弘が脚本を共同執筆し、「白昼の襲撃」の西村潔が監督したハード・ボイルド・アクション。撮影は「日本一の断絶男」の源一民が担当。

ストーリー

東南アジアの南ネシア共和国にクーデターが起った。日本の巨大企業N物産は南ネシアと莫大な武器取引をしていた関係で、その損失を怖れて、ジャカール大統領の亡命の手引をした。ところが、N物産は裏で革命政府とも通じており、ジャカールを暗殺すれば、前政府との取引を復活させるという言責をとっていた。当然革命政府側も暗殺を計ろうとした。とにかく、先に殺した方が取引に有利なのである。N物産社長秘書の薫は国際的殺しのプロ・九条をやとった。大統領の東京滞在は三日間だ。暗殺を阻止するため、警視庁警部戸田が元オリンピック射撃選手の腕を買われて、密命をうけた。戸田は襲いくる革命政府のテロリストと対戦するうちに、敏しょうでずる賢しこい、まるで黒豹のような男、九条の存在を知った。一方、九条と薫も抜群の射撃の腕、機敏な動き、まさしくシェパードのような男戸田の存在を知った。だが九条は金髪女性ナンシーと情事を重ねる余裕さえみせていた。時は刻々と過ぎた。やがて、テロリスト、九条、戸田の三巴の激戦が始まったが、戸田の部下、平松は九条に殺され、戸田ははずみで、ナンシーを殺してしまった。戸田と九条の憎悪は、対決を前に、いよいよ高まった。そして、九条の必死の攻撃をかわして、大統領を乗せた専用機が、米軍基地を飛び立ったとき、二人の雌雄を決する時がきた。巨大な米軍の格納庫の中で戸田と九条の死闘がつづいた。右腕と左脚を射ち抜かれた戸田、胸を撃たれてなおも息づいている九条。静寂が二人を包んでいた。...

スタッフ

監督
脚本
長野洋
石松愛弘
製作
山田順彦
撮影
原一民
美術
村木忍
音楽
佐藤允彦
録音
富田実
照明
森弘充
編集
黒岩義民
スチール
岩井隆志

キャスト

作品データ

原題 The Creature Called Man
製作年 1970年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「豹は走った」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi