頑張れ!日本男児
ホーム > 作品情報 > 映画「頑張れ!日本男児」
メニュー

頑張れ!日本男児

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

野坂昭如の原作『アメリカひじき』を「白昼の襲撃」の白坂依志夫が脚色し、これが監督昇進第一作の石田勝心によるコメディ。撮影は志賀邦一が担当。

ストーリー

小さなCM製作会社を経営する俊夫は、戦時中は鬼畜米英をスローガンに柔道に汗を流し、戦後の混乱期には進駐軍相手の街娼のヒモとなって食いつないできた男。今はへたなCMを作ってはスポンサーにどなられ、家では女房の京子にしごかれている毎日。そんな時、京子は知り合いの老外国人夫婦を、俊夫の猛反対にもかかわらず、招待してしまった。俊夫ははじめ、外国人といえども日本の習慣でやるんだといきまいていたがそのうち戦後のヒモ時代のクセが出て、ゴマをすっては大変なもてよう。ヒギンズを連れてはクラブでドンチャン騒ぎをしたが、いつも堂々たるヒギンズの態度に、俊夫は苦しかった時代のうっぷんをはらすべく、彼をこらしめようと決心した。戦友のナンデモ屋の斎藤にたのんでアノ手コノ手と策してみたが、すべて失敗で、逆に自分の浮気が京子にバレてひともんちゃく。ところがヒギンズがこの家の同居人で、京子の妹の女子大生マキにほれてしまった。マキの方はこれをダシに恋人とアメリカ旅行をしてやろうという魂胆。見事マキに乗ってきたヒギンズは、彼女といちゃついているところを、妻のメリーにみつかり大喧嘩。やっと俊夫はこれで溜飲をさげることができた。...

スタッフ

監督
脚色
白坂依志夫
原作
野坂昭如
製作
金子正且
撮影
志賀邦一
美術
本多好文
音楽
真鍋理一郎
録音
下永尚
整音
下永尚
照明
金子光男
編集
小川信夫
助監督
奈良正博
スチール
石月美徳
合成
三瓶一信

キャスト

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi