ハードスキャンダル 性の漂流者
ホーム > 作品情報 > 映画「ハードスキャンダル 性の漂流者」
メニュー

ハードスキャンダル 性の漂流者

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

住宅ローンの返済に苦しみながら、夫婦交換のセックスに刺激を求める中年の夫婦と、家出して年上の女と同棲するその息子の、世代ごとの性の形を描く。脚本は「女子大生 快楽 あやめ寮」の荒井晴彦、監督は「愛欲の標的」の田中登、撮影は「スケバンマフィア -恥辱-」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

深夜のディスコテック。補導係の手入れがあるとの情報で、十八歳未満の少年少女たちは店を出て行く。その少年は、やはり店を出て来た少女と意気投合、深夜個室喫茶で夜を過ごすことにした。彼女はディスコのトイレで、嫌な奴なんだけどしつこくせまるので、一発やらせてきた、とこともなげに話す。少年は中学三年、少女も同じ年だった。少年は彼女の年のわりにはよく発育した体にむしゃぶりついた。朝、何事もなかったかのように別れる二人。竹の子族、ロックンロール族で賑わう街。少年は竹の子の赤い服を万引きしようとした。それを見ていた女は、震える少年に近づくと、服を少年の用意していた袋にほうり込むと店を出ていく。後を追う少年。なんと、女のアパートは少年の家のすぐそばだった。少年の両親は住宅ローンの返済に苦しみ、夫婦交換紹介雑誌に夢中で、今日も、他の男を交えて三人でのセックスをするため、ホテルに向かうところだ。少年は女のアパートを覗いた。風呂の前に脱ぎすてられた下着。窓から忍び込んだ少年は、ストッキングを被り、女を脅した。観念した女は目を閉じ、横になった。ストッキングを取った少年に気づいた女は、「万引きまで手伝ってやったのに強姦までするのか」怒りが爆発。しかし、女は少年の幼さに、うちとけていく。そして、少年はその部屋にいついてしまった。ホテルでは、初対面の男と妻の激しい行為を見つめる少年の父親。家に金を取りに戻った少年は両親の部屋を物色していると、母親のヌードのポラロイド写真や、夫婦交換の手紙などが出てきた。愕然とする少年。母の宝石などを持ちだした少年は、それを売却、金を持って女の部屋に戻った。女のところに、ひとりの男がやってきた。男は女の元亭主で、復縁を求めてきたのだ。しかし、女は少年の子を宿していることを伝え、男の相手になろうとしない。一方、少年は、ディスコで知り合った少女と街で再会する。派手な竹の子ファッションで歩く二人は、暴走族に襲われ、メチャクチャにされてしまう。子供が出来たことに、少年はくったくなく笑う。それから暫くの間、少年と女の奇妙で楽しい生活が続いた。ある日、少年は手紙を書いた。「二十代の女と十代の男の夫婦です、きっと満足できるプレイが……」少年は両親を紹介すると女を連れだした。少年の両親は若いカップルを迎える準備をしている。少年とのセックスを想像するだけで、ワクワクする妻。玄関のチャイムが嶋った。表に出た二人は、そこに自分たちの息子を見て驚愕する。ふてぶてしく両親を見つめる少年。何が起ったのか分らずキョトンとする女……。...

スタッフ

監督
脚本
荒井晴彦
企画
山田耕大
製作
林功
撮影
森勝
美術
林隆
音楽
甲斐八郎
録音
木村瑛二
照明
新川真
編集
鍋島惇
助監督
伊藤秀裕
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 70分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ハードスキャンダル 性の漂流者」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi