赤い暴行
ホーム > 作品情報 > 映画「赤い暴行」
メニュー

赤い暴行

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

売れないロック・グループと彼らにまとわりつくグルーピーの乱れた関係を描く。脚本は「おんなの寝室 好きくらべ」の佐治乾、監督は「スーパーGUNレディ ワニ分署」の曽根中生、撮影は「堕靡泥の星 美少女狩り」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

ロック・グループ“デビル”のフジト、アキ、ハント、サガラの四人は一向に芽の出ない毎日に焦りを覚え、そんな気持をグルーピーと関係することで紛らわせていた。フジトはずっと付きまとっていた女子大生のひとみに、売れない奴は嫌いと言われて捨てられてしまう。アキは水商売の女、志津のヒモ同然の生活を送っている。ハントも町で引っかけた美奈と関係を続けるが、次第に彼女が世帯じみた姿に見えてきて辟易している。そんなことで、練習していても、イライラからすぐに喧嘩になり、うまくいかない。ひとみにフラれクサっていたフジトは女子高生のマリと知り合い、彼女を強引に犯してしまう。ところが、フジトは彼女の少女らしい愛らしさに魅せられてしまい、怠惰な毎日からの脱出を考えるようになっていく。二人は恋人同志のように練習にも一緒に顔を出すようになった。ある日、三人はスタジオでフジトを待っていた。イライラするとすぐに喧嘩がはじまる。もう解散寸前だ。そこへ、フジトが真青な顔で入ってきた。マリがトラックにハネられたのだ。フジトは悲しみを、怒りを音楽にぶつけるかのように練習を始める。その姿に、三人は仲間を繋ぐものは音楽しかないということに気づき、再出発に向った。四人の出す音には、以前とは違う、悲しく、セクシーな響きが漂っていた。...

スタッフ

監督
脚本
佐治乾
企画
成田尚哉
製作
三浦朗
撮影
森勝
美術
川船夏夫
音楽
デビル
録音
小野寺修
照明
川島晴雄
編集
山田真司
助監督
川崎善広
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「赤い暴行」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi