レイプショット 百恵の唇
ホーム > 作品情報 > 映画「レイプショット 百恵の唇」
メニュー

レイプショット 百恵の唇

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

覚醒剤中毒の疑いのある売出中の純情派歌手と、嗅ぎ回るトップ屋の姿を描く。響京介の『スポーツニッポン』紙に連載された原作の映画化で、脚本は「殺人遊戯」の播磨幸治、監督は「クライマックス・レイプ 剥ぐ!」の藤井克彦、撮影は「泉大八の女子大生の金曜日」の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

芸能界のスキャンダルを追うトップ屋の三宅透は、そのやり口が荒っぽいため、その世界から白眼視されていた。透はシャブ中毒の噂のある売出中の純情派歌手、三木洋子と、黒い噂のある彼女の所属する星野プロダクションに目をつけた。ある日、透はしストランでトイレに入った洋子を追って中に入ると、彼女に襲いかかり、小便から薬物反応を確かめようとした。しかし、透は駆けつけたボディガードの田所に袋だたきにされてしまう。数日後、洋子は三人組の男に誘拐されてしまった。信次、ゴロウ、トンボの三人は、洋子をアジトに連れ込み、身動きのとれない洋子に次々に自分のいきりたったモノを口に含ませた。一方、透は慌てふためくプロダクションを訪れ、星野と五百万円で洋子救出の取り引をした。三人の若者に蹂躙されるうち、洋子は禁断症状に苦しみだした。透はアジトに乗り込み、洋子を救出しようとしていると、田所ら数人の男が踏み込み、三人組をメッタ打ちにした。星野のやり口に怒った透は田所に目つぶしを喰わせ、洋子を連れて逃げると、取り引き額を二千万円に上げ、警察の前に場所を指定した。透は洋子の身体を調べるが、注射の跡は無かった。一方、洋子は透の強引さにひかれ、星野の所に帰るのを嫌がるので、透は取り引きをやめ、アパートに彼女を連れて帰るのだった。洋子は束の間の安らぎに、透の胸に抱かれ、二人は何かに憑かれたように激しく愛しあった。そこへ星野の手先が現われ、透を凄まじいばかりに殴りつけ、洋子を連れ去っていく。そして、洋子は星野の寝室で、放心状態で口を開き、その舌に注射を打たれ、朦朧としたまま、脂ぎった星野と倒錯したセックスにふけるのだった。洋子の眼には、束の間の恋人、透の姿はなく、地獄への灯があかあかと燃えているのが見えるだけだった……。...

スタッフ

監督
脚本
播磨幸治
原作
響京介
企画
進藤貴美男
製作
細越省吾
撮影
水野尾信正
美術
林隆
音楽
高田信
録音
福島信雅
照明
矢部一男
編集
山田真司
助監督
斉藤信幸
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1979年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 68分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi