走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ
ホーム > 作品情報 > 映画「走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ」
メニュー

走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

日活児童映画室製作の児童劇映画六作目。春休みに日本横断三百キロの自転車旅行をする四人の小学生が自立と連帯の精神をつかみ取る姿を描く。脚本は「東京からきた女の子」の加藤盟、監督は「新どぶ川学級」の岡本考二、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

ストーリー

東京荒川区の六年生、考太、淳一、登、それに登の妹で五年生の弓子の四人が春休みを利用して東京~直江津、約三〇〇キロのサイクリングに出発した。四人のリーダーは「トマト塾」の塾長、大学生のトリさんである。心配する親を、この計画に賛成した考太の父が説得してくれた。四人は元気いっぱい、心をはずませ、軽快にペダルを踏んで行く。日も暮れたころ、第一日目の目的地高崎に着いた。しかし、第二日目が無事に終ろうとしたころ、考太の身勝手な行動からトリさんが足を怪我してしまった。旅を断念しなければと泣きじゃくる子供達に、トリさんは、電車で見守っていくことに決めた。三日目、女子大生のみどりさんと親しくなった。そのみどりさんに強盗犯人の疑いがかけられたが、四人の連係プレーで真犯人を見事に発見する。東京を出て五日目、ゴールめざして進む四人の目の前にコバルトブルーの日本海が広がっていた。四人は自転車を放り出し、浜辺へと駆けていく。ついにやったぞ!。四つの真赤なトマトは水平線を見つめ、大きく息をはずませていた……。...

スタッフ

監督
脚本
加藤盟
企画
日活児童映画室
製作
結城良煕
西口武郎
制作補
天野勝正
撮影
高村倉太郎
美術
小林正義
音楽
広瀬量平
録音
建部日出夫
照明
松下文雄
編集
山田真司
助監督
伊藤秀裕
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

原題 Little Adventures
製作年 1978年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi