東京からきた女の子
ホーム > 作品情報 > 映画「東京からきた女の子」
メニュー

東京からきた女の子

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

東京から転校して来た小学生の女の子が、次々と話題をふりむきながら去っていくまでの姿を描く。脚本は泊里仁美、監督は「先生のつうしんぼ」の加藤盟、撮影は「竹山ひとり旅」の黒田清巳がそれぞれ担当。

ストーリー

青谷小学校五年一組に東京からユカという女の子が転校して来る。ユカは東京でぜいたくな生活をしていたと、マサルをはじめ同級生に話すのだった。しかし、高速縦貫道路が、自分の家の畑を通る事から、ユカの父がその工事作業員であると知ったカメキチは、彼女をののしる。その日からユカは学校を欠席するようになった。数日後の日曜日、ユカは釣りをしているマサルにラブレターを渡す。その手紙をエイタローにみつかり、カメキチあての手紙だとマサルが嘘をついた事から喧嘩騒動が起き、カメキチは駐車してあった車の窓ガラスを割ってしまう。怒る運転手に石山先生が謝罪したことから事件は解決するが、ユカとマサルは罰として、朝礼台に立たされた。その時、ユカは次の日曜日にマサルと結婚する事を宣言する。結婚式当日、ユカとマサルはみんなに祝福され、タケ兄さんのジープでミドリ市へ新婚旅行に出発する。二人は一日中遊び続けるのだった。翌朝、二人は心配して捜しにきた石山先生らにみつけられる。マサルが高熱をだし、数日間寝こんでいる間に、ユカは引越し、転校してしまった。しばらくしてからそのことを知って落胆するマサルの許へ、待ちに待ったユカの手紙が届けられるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
泊里仁美
原作
長崎源之助
製作
武田敦
亀田誠志郎
野原嘉一郎
滝元将
制作補
飯田康之
撮影
黒田清巳
美術
大谷和正
音楽
あかのたちお
録音
長尾長
照明
沖茂
編集
香園稔
助監督
近藤明男

キャスト

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 共同映画全国系列会議
上映時間 68分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi