団鬼六 <黒い鬼火>より 貴婦人縛り壷
ホーム > 作品情報 > 映画「団鬼六 <黒い鬼火>より 貴婦人縛り壷」
メニュー

団鬼六 <黒い鬼火>より 貴婦人縛り壷

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

借金のため、恋人も捨てて嫁いだ没落士族の娘が、苦しみながらも愛を求める姿を描く。脚本は「夢野久作の少女地獄」のいどあきお、監督も同作の小沼勝、撮影は「(秘)ハネムーン 暴行列車」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

昔ながらの花嫁行列が大地主の笠井家へ向かっていた。浪路の美しさに魅せられた笠井が、借金をかかえていたことに目をつけ、金の力で浪路を嫁がせたのだった。浪路には吉野という恋人がいたが、断腸の思いでふり切って来たのである。嫁入りしてから六ヶ月の間、毎日土蔵の中では笠井が全裸の浪路を縛り上げ、異常とも思える欲望を爆発させていた、ある日、笠井の妹・秋子が笠井を訪ねてきた。秋子も子供の頃から異常な兄に、どこか似たところがあった。笠井家に信吉が奉公に来る。純情な信吉に浪路は好感を持ち、秋子は淫らな欲望を感じた。ある日、浪路は、町へ使いに行く信吉に一通の封書を託した。それは、かつての恋人・吉野へ、窮状と変らぬ思いを訴えたものだった。帰ってきた信吉を、秋子は湯殿で誘惑する。その夜、信吉が吉野から預った封書を浪路に渡そうとした時、秋子が現われそれを取りあげてしまった。翌日、土蔵の中では、浪路と信吉が縛られていた。しばらくすると、木製の檻の中で、笠井は信吉に浪路を責めさせた。そこへ、浪路への愛を慣く覚悟を決めた吉野が現れる。笠井の異常さは増し、村人を集めて吉野と浪路を抱かせた。優しく結ばれようとする二人を笠井は強引にひき離し、浪路を荒々しく犯していった。村人もその光景に興奮し、あちこちで騒動が起こり、混乱し始める。その騒ぎにまぎれて、信吉と浪路は山奥に逃げこんだ。信吉は浪路を静かに愛そうとするが、笠井の異常な愛を教えられた浪路は、苦痛を伴う愛を求めた。信吉は、そんな浪路に絶望し、姿を消した。浪路も笠井の異常な愛にたぐりよせられるように、自ら村へと向うのであった。...

スタッフ

監督
脚本
いどあきお
原作
団鬼六
企画
奥村幸士
製作
結城良煕
制作補
田中雅夫
撮影
森勝
美術
柳生一夫
音楽
奥沢散策
録音
紅谷愃一
照明
土田守保
編集
井上治
助監督
斉藤信幸
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 73分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「団鬼六 <黒い鬼火>より 貴婦人縛り壷」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi