女囚101 しゃぶる
ホーム > 作品情報 > 映画「女囚101 しゃぶる」
メニュー

女囚101 しゃぶる

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

男にだまされドン底の生活をしている女の前に現われた一人の若者。このつかの間の幸福にすべてを賭け、やがてその短かい一生をとじる薄幸の女を描く。脚本は「檻の中の妖精」の松岡清治、監督も同作の小原宏裕、撮影も同作の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

バー「珠江」のママ・桂木珠江は、風俗嬢からやっとのことで這い上がって、一軒の店を持ったが、それまでの人生は男にだまされ、傷つけられることの連続だった。ある雨の晩、珠江は路地裏で乱暴を受けていた少年を救った。ギターを抱えたまま、うずくまる少年・如月ケンに純粋な男の表情を見た珠江は、優しく自らの熟れた身体を開いていった。どちらからともなく二人は同棲生活をはじめ、珠江にとっては、そんな毎日が初めての歓びでもあり、生きがいでもあった。しかし、それは束の間の幸福であり、珠江の転落への序章でもあった。ある日、彼女の店へ悪徳芸能マネージャーの赤間が訪れて来た。赤間は珠江のケンへの想いを利用して、ケンのレコードを自費出版しようと話を持ちかけ、珠江の全財産をだまし取るが、このことに気づいた珠江は、赤間を殴り殺してしまう。この間、珠江は初めて知った幸福の歓びが崩れていくのを感じた。やがて女刑務所で毎日静かに刑に服する珠江。しかし、そこでは、想像を絶する女だけの性絵巻がくりひろげられていた。そんな中で彼女だけは一人冷めていた。ある日、珠江たちの房に桃子という女が入って来た。老囚マキの目が光った。桃子こそ、マキの夫を奪い彼女の人生を変えた張本人だったのだ。怒り狂うマキを止めたのがボス格の美樹で、二人はことあるごとにいがみあった。そんなある日、ふと見たTVにあのケンの姿が写り、いままでおさえていた募る思いが爆発し、暴れ狂い、自分の気持をおさえられらくなった珠江は、作業場で事故が起きた隙に美樹と二人で脱走した。そして逃げる途中、手錠を切ろうとして工場にしのびこむが、そこで美樹は酔った青年たちに殴り殺されてしまった。珠江は何とか逃げのび、やっとのことでケンのマンションにたどり着き、ケンにすがりつくが、ケンはどことなく冷たかった。今のケンは、自分を売り出すために実業家の令嬢との婚約が決まり、珠江の出現に危機感を感じていたのだ。そして、ケンは、珠江に身体を寄せながら、彼女の首を締めた。信じられないケンの仕打ちに、珠江は悲しみの表情の中で死んでいった。...

スタッフ

監督
脚本
松岡清治
原案
伊藤アンナ
企画
奥村幸士
製作
海野義幸
制作補
青木勝彦
撮影
水野尾信正
美術
菊川芳江
音楽
世田のぼる
録音
橋本文雄
照明
小林秀之
編集
西村豊治
助監督
斉藤信幸
スチール
寺本正一

キャスト

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi