横須賀男狩り 少女・悦楽
ホーム > 作品情報 > 映画「横須賀男狩り 少女・悦楽」
メニュー

横須賀男狩り 少女・悦楽

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一度ならず二度までも襲いくるった悪魔。夫の前で妻を犯し、その妻の妹が、身を呈してその悪魔に迫る。港、基地の街・横須賀を舞台に不定形な青春の有り様を描く。脚本・監督は「裸足のブルージン」の藤田敏八、撮影は「サチコの幸」の安藤庄平がそれぞれ担当。

ストーリー

妹・きっこからの電話が鳴っていた。しかし、姉の八重子、夫の光夫は、右手に出刃包丁、左手に拳銃を待った男におどかされていた。そして、夫・光夫の見ている前で、妻・八重子は犯されてしまった。何もしらないで帰って来たきっこは、二人の様子から、夫婦げんかでもしたものと思う。きっこは、友人・ミコといつも一緒。二人で街を歩いていると、光夫が、ピンク映画館に入っていく姿を見る。光夫は、自分のやるせない気持ちをいま見た映画の暴行シーンそっくりにやってみせるのであった。二人は、ディスコQでジミーという米兵と知り合う。その夜ミコが帰ってこないという連絡が入った。ミコは、ジミーに薬をのまされホテルへ連れこまれたが、何もおこらず、ジミーはほんとうにミコを愛しているのであった。何日か経って、きっこの姉夫婦にも、ミコとジミーの間にも平和がよみがえった。ある夜、ガラスの破れる音で目をさましたきっこ。下では例の男が、またしても、光夫の前で八重子を犯していた。男は行為が終ると二度と来ないと言って走り去った。姉夫婦は、再び襲った悪魔により、完全に破局へと。姉夫婦は別れてしまった。きっこは、ディスコQへ勤め、ミコはいつもカウンターにいた。そして、ミコの横に一人の男がすわった。あの男だ。きっこの心にむらむらと復讐心が燃え上がり、ミコに助けを貸りるのであった。...

スタッフ

監督
脚本
藤田敏八
原作
那須真知子
企画
成田尚哉
製作
岡田裕
制作補
服部紹男
撮影
安藤庄平
美術
渡辺平八郎
音楽
荒野忠
録音
紅谷愃一
照明
熊谷秀夫
編集
井上治
助監督
高橋芳郎
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi