四畳半青春硝子張り
ホーム > 作品情報 > 映画「四畳半青春硝子張り」
メニュー

四畳半青春硝子張り

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

陸送の若者と純粋な少女の硝子張りのように、キラキラと、そしてもろい愛と彼らの流れゆく青春のときを描く。脚本は「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」の井戸晶雄、監督は「奴隷妻」の加藤彰、撮影は「キャンパス・エロチカ 熟れて開く」の安藤庄平がそれぞれ担当。

ストーリー

西日のあたる四畳半。陸送の深志とスーパーの店員文江の半同棲生活はカラッとしている。「俺たちの愛は、仮ナンバーさ」。ある日、深志の職場に英子という女性から電話が入った。深志は郷里の盛岡で、人妻の英子とたった一度、肉体関係を持った過去がある。同窓会の都合で上京した英子は、心のなかのひっかかりから、深志の様子を知りたくなったのだ。深志は英子の気持ちが捉えにくい。それをふっ切るように、文江と海でたわむれた。ふともらした深志のつぶやきに、文江は英子の存在を知る。その日、英子は帰郷しなかった。切符が売り切れていたために。文江は、英子の泊まる旅館をひとり訪ねた。「深志は私のこと好きだって。わたしたち結婚するかもしれないわ」。英子は年上の女として、とまどいとショックを受けた。文江は稚ない。それだけに純粋で、執着しない。正直に、英子に会ってきたことを深志に話した。深志の心は揺れる。翌日、上野駅で、乗車寸前の英子を、深志は掴まえた。待合室に並ぶ二人に、深い沈黙が訪れる。--それは、二年前。車を衝動的にスピンターンしたとき、からだが触れあったことからの出来事。--駅近くの安ホテルで、深志は英子を抱いた。二人はドライブに出た。しかし英子は、自分の心を開け放てない。深志は英子の気持ちが掴めない。ささいなことからも深志は知り合いの男と喧嘩をした。誰かの通報で、英子とともに三人は警察で調書を取られる。他人の前で、二人の情事までさぐられるのは耐えがたかった。警察から出てきた二人の前に、文江が立っていた。「あんたの家にみんなしゃべってやる」。英子は言われても、落ち着いていた。「もう、私に怖いものはないのよ」。英子は上野から盛岡へ去っていった。深志の心から、英子が去っていった。夕焼けがきれいだった。文江は、深志が戻ってきたことを無邪気に喜んだ。そして何日かが過ぎたある日。--スピンターンする車。車体が宙に浮かび、横転した。運転していた深志の眼は、太陽を見ていた。深志は死んだ。深志の部屋に、かじりかけのリンゴがポツンと残された。...

スタッフ

監督
脚本
井戸晶雄
企画
奥村幸士
製作
伊藤亮爾
撮影
安藤庄平
美術
川船夏夫
音楽
樋口康雄
主題曲
さかうえけんいち
録音
木村瑛二
照明
高島利隆
編集
鈴木晄
助監督
浅田真男
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「四畳半青春硝子張り」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi