感じるんです
ホーム > 作品情報 > 映画「感じるんです」
メニュー

感じるんです

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

仲間たちの旺盛なセックスに刺激され、とまどいながらの初体験を経験する女の子を描く、泉大八原作「ジュンちゃん」の映画化。脚本は「あるコールガールの証言 露出」の吉原幸夫、監督は「新・団地妻 夫婦交換」の白鳥信一、撮影も同作の畠中照夫がそれぞれ担当。

ストーリー

ジュンは洋裁学院へ通っている女の子。でも、友人のパンコなどは拳銃マニアのワルサーとセックスは日常茶飯事なのに、ジュンは今だに未経験。そんなある日、ジュンは弟のチンがオナニーしているのを見てパンコに相手をしてくれるように頼んだ。するとパンコは、その変りに彼女の兄の憲ちゃんの相手をしてくれと言い出した。それで四人でハイキングに行きそこで憲ちゃんはジュンのスカートの中にもぐり込んで……。ジュンの高校時代の友人で医大三浪のテレパンは、以前からジュンを好きで、ジュンもまんざらでもなく、ある日、決心して全てを与えようとした。でも、テレパンは、ジュンのバストに触れただけでアッというまに爆発して終ってしまった。それでもハッピーな気持のジュンに冷水をかけたのは、テレパンの教育ママで、ジュンが男遊びをしているとテレパンに吹きこんだ。テレパンはヤケになって好きでもない女とセックス。そんな二人がうまくいってないと察したパンコは、気をきかせて二人を会わせるように仕組んだ。そしてテレパンが悩んでいるのを見て、ジュンは思いきって服を脱ぎ、テレパンに抱きついた。彼も激情にかられてむしゃぶりついてくる……。終ったジュンは「さよなら」と一声残して飛びだしていった。...

スタッフ

監督
脚本
吉原幸夫
原作
泉大八
企画
成田尚哉
製作
樋口弘美
撮影
畠中照夫
美術
土屋伊豆夫
音楽
蓼科二郎
録音
紅谷愃一
照明
土田守保
編集
井上親弥
助監督
加島春海
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「感じるんです」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi