濡れた壷
ホーム > 作品情報 > 映画「濡れた壷」
メニュー

濡れた壷

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

心の奥深く沈潜しているSEXの発露を描いたロマン・ポルノ。脚本は「赤線飛田遊廓」の宮下教雄、監督は「修道女ルナの告白」の小沼勝、撮影も同作の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

淫乱な実の母・梅子に夫を奪われた亜紀は、競馬狂の父と浪人中の弟の面倒をみているスナックのママである。亜紀は夫には未練はないが、セックスのない毎日に悶々としていた。ある日、亜紀は店の客の花松が経営するマネキン工場を訪れた。そこで裸形のマネキンを愛撫する花松を見て思わず濡れてしまう亜紀。そんな亜紀にのしかかった花松だったが、途中で行為を中断した。亜紀は屈辱にふるえた。一方、戻って来た梅子の乱行は止まず、その上、年老いた父まで幼女を犯すという事件を引き起こした。老人たちが、いたいけな少女を輪姦する凄まじさ。亜紀はスナックに来た花松の欲望のままに身をまかせ、せきをきったように狂い、快楽をむさぼった……。...

スタッフ

監督
脚本
宮下教雄
企画
奥村幸士
製作
三浦朗
撮影
水野尾信正
美術
土屋伊豆夫
録音
橋本文雄
照明
高島利隆
編集
井上治
助監督
浅田真男
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 69分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.2 2.2 (全1件)
  • 谷ナオミ 当時、ピンク映画はパートカラーといって、濡れ場だけがカラーになるという代物だったが、日活ロマンポルノは全編カラーという豪華版が売りだった。 SMの女王、谷ナオミが主役で、こんなに不幸な娘はいない... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2016年11月30日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「濡れた壷」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi