実録たまご運搬人 警視庁殴り込み
ホーム > 作品情報 > 映画「実録たまご運搬人 警視庁殴り込み」
メニュー

実録たまご運搬人 警視庁殴り込み

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

8ミリで「悪魔巣取金愚」「続・悪魔巣取金愚」「秘密諜報員イキな山田はエージェント」を撮ってきた土方鉄人の16ミリでの処女作。27歳の土方は、本名・長谷川健治郎(この映画を作る前に土方(どかた)の仕事をしていたので、土方(ひじかた)と名のる)、製作・主演の飯島とともに和光大学の落語研究会の出身である。(16ミリ)

ストーリー

昭和館のようちゃんは、栃木県でとれた鶏の卵を東京の消費者グループのところまで自動車で配達する仕事をやっている青年で、新宿の昭和館に入りびたりになっている熱狂的なヤクザ映画ファンであった。配達の途中で脱獄囚を車に乗せたようちゃんは、その男と意気投合してしまい、荒深という刑事が彼をつかまえようとするのを妨害する。荒深は男を射殺し、ようちゃんは公務執行妨害でつかまってしまう。二泊三日でブタ箱を出てきたようちゃんは、三橋組の若衆頭に拾われ、射殺された脱獄囚が三橋組の大幹部であったことを知る。マフィアと三橋組との抗争で手柄をたてた彼は、三橋組の組員となる。警察と市民の親睦会に出席したようちゃんは、荒深刑事と出っくわし、あの脱獄囚を射殺したこの男をやっつけようとするが、逆にこちらがやっつけられてしまう。一方、ここで三橋組の組長は、抗争相手のゴマスリ組の子分に襲われて瀕死の重傷を負う。三橋組の若衆頭は、ゴマスリ組に殴り込みに行き、ゴマスリ組の組長を殺して、自分も死ぬ。昭和館のようちゃんの方は、警視庁に単身殴り込みに行って、にっくき荒深刑事を殺すが、こちらもやられて死にそうになってしまう。...

スタッフ

監督
脚本
長島洋二郎
製作
飯島洋一
撮影
土方鉄人
音楽
休みの国
録音
石黒典生
編集
土方鉄人
衣裳
山中文子
製作進行
蔵直次郎
助監督
沢辺均
記録
石川直子

キャスト

作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 その他
上映時間 68分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi