ハードボイルドハネムーン HARDBOILED HONEYMOON
ホーム > 作品情報 > 映画「ハードボイルドハネムーン HARDBOILED HONEYMOON」
メニュー

ハードボイルドハネムーン HARDBOILED HONEYMOON

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハードボイルドに魅せられた男が、立派なギャングに成長していく過程を描いた異色作。脚本・監督は後藤和夫、撮影は篠田昇、堀越一哉と全員22歳という若さのスタッフである。(16ミリ)

ストーリー

ある日、自分の女・タエコが以前付き合っていた男・イサヲを訪ねたKは、そこでイサヲの死体を発見した。そして死体の傍に転がっていた拳銃に魅せられたKは死体が握りしめているキーを取り、その拳銃を掴んで、家を飛び出した。拳銃を手に落ち着かぬ毎日を過ごしていたKは、突然、二人の正体不明の男たちの手荒い訪問を受けた。その痛みの中でKは、一人前のギャングになり、その男たちと対決することを決意した。翌日、Kはイサヲの仲間である、ホリとノブとノボルの三人に会い、キーの謎、正体不明の男たちの事が、おぼろげながらも分ってきた。今や事件の全体がはっきりとしたKは、いよいよ、例の正体不明の二人のギャングと対決する決心をした。ホリたちと一緒に男たちを待ち受けるKの全身には、イサヲの死体を前にした時と同じ震えがあった。だが拳銃は、ほとんど自分の手、そのもののように感じられた。Kたちとギャングの勝負は、Kの撃った一発の弾丸で勝負がついた。金を奪い取ったKたちは、身を隠すために猛然と車を走らせた。海岸近くに逃げのびたKたちは、ギャングへの第一歩を踏みしめながら、奇妙な共同生活を始めるのだった……。...

スタッフ

監督
脚本
後藤和夫
製作
岩城信行
撮影
篠田昇
堀越一哉
美術
橋戸慎
音楽
中村誠一カルテット
録音
長谷川潤
編集
ポジポジ
スチル
橋戸慎
ナレーション
佐藤慶

キャスト

作品データ

製作年 1974年
製作国 日本
配給 その他
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi