蘭光生 肉飼育
ホーム > 作品情報 > 映画「蘭光生 肉飼育」
メニュー

蘭光生 肉飼育

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

幼いころ、中年男にいたずらされた記憶からセックス恐怖症になっていた女が、精神科医に犯されマゾになるまでを描く。脚本は「いんこう」の佐伯俊道、監督は「究極ONANIE・夢地獄」の川崎善広、撮影は「部長の愛人 ピンクのストッキング」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

ストーリー

ニュースキャスターの稲垣真紀は幼いころ中年男に襲われ、その記憶からセックス恐怖症になっている。恋人のディレクターの岡村とベッドを共にしても、役が挿入しようとすると腰を引いてしまう。その一方で真紀は毎夜、男に襲われる夢にうなされている。そこで彼女はセラピストの仁平徹を訪ねた。その仁平は、大橋いつみという婚約者がおり、彼の母は亡き夫の血が息子に流れているのではないかと心配していた。徹の父はサディストだったのだ。ある日、真紀は岡村が同僚の伸子と抱き合っているのを目撃する。真紀は徹を訪ね、別荘に行くという彼に強引についていった。そこには様々な責め道具があり、徹は自分の中に父と同じ趣味が流れているのが心配だった。しかし、徹は真紀を前にして、本能の通り生きる決意をし、彼女を家畜として調教することにする。剃毛、排泄物の処理などで責めつけた。真紀もエクスタシーを感じ二人は一体になった。その光景をいつみが目撃するが、彼女は真紀ともみあい、階段から降ちて死んでしまう。徹は男根に電球をつけると真紀に挿入し、二人はショートして燃えあがっていった。...

スタッフ

監督
脚本
佐伯俊道
原作
蘭光生
企画
沖野晴久
植木実
プロデューサー
植松康郎
撮影
鈴木耕一
美術
渡辺平八郎
録音
細井正次
照明
内田勝成
編集
北沢良雄
選曲
佐藤富士男
助監督
金沢克次
スチール
野上哲夫

キャスト

作品データ

製作年 1987年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 68分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「蘭光生 肉飼育」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi