キン肉マン 正義超人VS戦士超人
ホーム > 作品情報 > 映画「キン肉マン 正義超人VS戦士超人」
メニュー

キン肉マン 正義超人VS戦士超人

劇場公開日

解説

キン肉マンを中心とする正義超人と悪の戦士超人との戦いを描く、ゆでたまご原作の劇場版アニメ第七作。脚本は「キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人」の山崎晴哉、監督は同作の山吉康夫がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。

ストーリー

ミート君が鉄仮面にさらわれてしまった。ミート君を助けるには、インモラ島の宝を持ってこなければならない。しかも、宝の隠されている七重の塔は残虐な戦士超人たちに守られているのだ。そこでキン肉マンはテリーマンら正義超人に応援を求めるが、何故か皆は冷たく断わってしまう。単身、キン肉マンはインモラ島に乗り込み戦士超人と戦うが、やはり多勢に無勢だ。次第に疲れてきた。その時、テリーマン、ラーメンマンらが駆けつけてくれた。彼らはいつも仲間をたよりにするキン肉マンをいさめるつもりで冷たくしたのだった。こうなれば勇気百倍、七重の塔に飛びこむとファイト開始だ。しかし、戦士超人のボス、ビッグ・シンジョウの催眠術で、ミート君が正義超人たちの弱点を戦士超人たちに知らせたため、正義超人は次々と倒れてしまう。そんな中でキン肉マンはネプチューンマンとともに最上階に達し、ビッグ・シンジョウを破った。そこへ姿を現わしたのが鉄仮面の男、実は戦士超人軍団のゲオルグ博士だ。そして隠された宝というのは、博士の発明した宇宙の最終兵器の設計図だったのだ。その時、倒れたはずのビッグ・シンジョウが設計図を奪い取った。キン肉マンとネプチューンマンの必殺技が二人の悪人にたたきつけられた。そして、ネプチューンマンはゲオルグ博士とビッグ・シンジョウをかかえ、わが身を犠牲にして爆発してしまった。...

スタッフ

監督
脚本
山崎晴哉
原作
ゆでたまご
製作総指揮
今田智憲
企画
田宮武
キャラクター・デザイン
森利夫
作画監督
森利夫
美術
襟立智子

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 51分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画