ロマン子クラブ エッチがいっぱい
ホーム > 作品情報 > 映画「ロマン子クラブ エッチがいっぱい」
メニュー

ロマン子クラブ エッチがいっぱい

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

高校の演劇部復活のために頑張る九人の女子部員の活躍を描く。脚本は田辺満、監督はピンク映画で活躍する若手、廣木隆一、撮影は「南へ走れ、海の道を!」の佐々木原保志がそれぞれ担当。

ストーリー

某高校に女子生徒ばかりで作ったロマン子クラブという演劇部があった。しかし、この部は、一年前に部長のエミが芝居の自主公演費用捻出のためにファッションマッサージで働いていたことがバレて廃部になっていた。エミは一人責任を取り退学し、北海道の牧場で働いていたが、せめてクラブだけでも復活させて欲しいと仲間に手紙を書いていた。そこでロマン子八人はクラブ再建に立ち上った。部員のその子は、ソウルオリンピックのマラソンの期待の星として注目される瀬田と付き合っていたが、彼は彼女にそんなことはやめろと忠告していた。もう一人の部員、百合はエミを退学に追い込んだ生活指導の児島と愛人関係を結んでおり、クラブの再建を冷やかに見つめていた。その子たちは自主公演の費用を稼ぐためにキャバクラでバイトすることにする。同時にその子は瀬田の子を宿しており、オリンピックを目指す瀬田にはやっかいな話だった。ある日、ショーに児島が現われ、その子たち全員を退学すると言う。瀬田はその子が自分を憎めば子供を堕すと思いタレ込んだのた。数日後、百合が思いを寄せるトオルが現れた。トオルはのエミと付き合っていたので百合は嫉妬していたのだが、彼の説得で、児島のことをバラすことを決意する。その脅しに、児島は全員退学を撤回し、ロマン子クラブは芝居公演にこぎつけるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
田辺満
企画
東康彦
プロデューサー
千葉好二
中村幻児
撮影
佐々木原保志
音楽
斉藤美和子
録音
ニューメグロスタジオ
照明
金沢正夫
編集
J・K・S
助監督
勝山茂雄
スチール
西本敦夫

キャスト

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 58分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi