団鬼六 美女縄化粧
ホーム > 作品情報 > 映画「団鬼六 美女縄化粧」
メニュー

団鬼六 美女縄化粧

劇場公開日

解説

清楚で可憐な良家の娘がSM調教師たちの奴隷となり、悦楽に目覚めるまでを描く。脚本は「モアセクシー 獣のようにもう一度」の中野顕彰、監督は「肉奴隷 悲しき玩具」の藤井克彦、撮影は「温泉芸者 湯舟で一発」の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

久我山は一人娘の女子大生、華子がかわいくてならず、週に一度、茶道の師匠、江里子のもとへ一緒に通っている。大学からの帰宅途中、華子は、京田と谷の二人組みにクロロホルムをかがされ、殺風景なアトリエに連れ去られてしまう。二人は華子に、旅行に行くと家に電話をさせる。二人は華子にトイレにも行かせず、やがて漏らしてしまった彼女の姿を谷はシャッターを押しまくる。翌朝、グショグショになった彼女の下着を京田は引き降ろし、谷は再びシャッターを押す。その夜、二人は華子に猿ぐつわをつけて、ホテルS&Mに入ると、マジックミラーの前に立たせた。ミラーの向こうでは、久我山が若い女、レナを縛りあげ、脂ぎった眼を充血させていた。がく然とする華子。もうひとつの父親の姿に傷ついた華子を、SMのプロ、京田は責めまくり、悶え苦しむ彼女はやがて快楽に失神する。しばらくして、意識を取り戻した華子は、二人のすきをみて逃げだし、江里子の所に向かった。しかし、二人はすぐにそこへ現われ、京田は江里子を犯してしまう。翌日、京田はセーラー服姿の華子の恥毛を剃り荒縄で縛ると、SMの調教を始める。そして華子は、江里子が父親の奴隷であり、彼女に飽きた父が新しい女を調教しろと京田に命じたことを知らされる。さらに、父にSMを教えたのは死んだ母親で、母は縛られ鞭で打たれないと燃えない女だった。恐ろしき淫乱の血が体内に流れていることを知った華子へ、復しゅうの鬼と化した江里子が絶妙なテクニックで責めると、彼女は熱い息を吐いて悶えた。翌日、久我山の外車がアトリエに着くと、中へ江里子が案内した。全裸で縛られ吊された女を見て、生ツバを呑む久我山。京田が鞭を振り、変わって久我山が責めようとすると、女が振り向いた。ぼう然とする久我山。それはこう惚にひたる華子であった。...

スタッフ

監督
脚本
中野顕彰
原作
団鬼六
プロデューサー
奥村幸士
撮影
水野尾信正
美術
金田克美
録音
酒匂芳郎
照明
野口素胖
編集
山田真司
選曲
佐藤富士男
助監督
高橋安信
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1983年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 69分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

団鬼六 美女縄化粧
団鬼六 美女縄化粧
2015年11月12日
¥1,990
U-NEXT
※31日間無料

他のユーザーは「団鬼六 美女縄化粧」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi