女囚・檻
ホーム > 作品情報 > 映画「女囚・檻」
メニュー

女囚・檻

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

女刑務所を舞台に、レズの陶酔に溺れたり、看守と対立する女囚たちの姿を描く。脚本は村上修、監督は「ブルーレイン大阪」の小沼勝、撮影は「暗室」の安藤庄平がそれぞれ担当。

ストーリー

ある女刑務所。昼食中の食堂で「正代が脱走した」とという無言の声が女囚たちの間を伝わっていく。しばらくして、弱りながらも暴れる正代が刑務官に両脇をはさまれて連れ戻され、独房に放り込まれる。数日後、独房から出た正代は敵対する女囚、冴子ともめ事を起こし、刑務官、森岸子に呼び出される。その間に、正代の可愛がる女囚、美和が屈強な刑務官の男たちに犯されていた。一方、レズビアンの冴子は次々と女囚たちを、そのテクニックで酔わせ、仲間に入れていた。その頃、牛山神父の部屋では、牛山と岸子が激しく体を重ねていた。そこへ正代が現れ、今までの仕打ちには、ちゃんとお礼させてもらうと言い捨てる。翌日、正代のかつての婚約者、辰雄が面会にやって来た。正代が脱走したとき、辰雄は他の女の所にいて会えなかったのだ。見守る岸子の前で抱き合う二人。悦びにのたうち、貧り合う二人の声に耳をおおう岸子。これが正代の仕返しであり、辰雄との最後のセックスであった。太陽が照りつけるグランドで正代と冴子がとっくみ合いの喧嘩をしている。遠まきにする女囚たちは「クタバレ正代」の大合唱。リンチ場で目覚める正代と冴子。下着姿の岸子が二人にムチを打ちつける。男たちがローソクであぶる。コマのように転げ回る冴子が断未魔の声を上げリンチは終った。正代は最後まで反抗の姿勢を崩さなかった。その晩、暗闇の中、ナイフを握りしめた正代は、息をつめると、闇の中を走り出した。...

スタッフ

監督
脚本
村上修
企画
奥村幸士
小松裕司
プロデューサー
桜井潤一
撮影
安藤庄平
美術
後藤修孝
録音
佐藤富士男
照明
島田忠昭
編集
鍋島惇
選曲
細井正次
助監督
村上修
スチール
竹内宏

キャスト

作品データ

製作年 1983年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 68分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「女囚・檻」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi