宇能鴻一郎の人妻いじめ
ホーム > 作品情報 > 映画「宇能鴻一郎の人妻いじめ」
メニュー

宇能鴻一郎の人妻いじめ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

郊外にマイホームを買った新婚夫婦の生活を描く。宇能鴻一郎の同名の小説の映画化で、脚本は「冒険者カミカゼ」の桂千穂と同作の内藤誠の共同執筆、監督は「女事務員 色情生活」の白鳥信一、撮影は「悪魔の部屋」の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

21歳の彼女は、中学の教師をしている好男と結婚したばかりの若い人妻。郊外にマイホームを手に入れたが、ローンの返済が大変なので、英語の教師をしている郁代さんを二階に下宿させることにした。郁代は熟れきった年頃の女性で、好男は背中なんかを流したり、サービスに夢中になり、彼女は怒って姉の家に逃げてしまった。しかし、姉の家では義兄が、夜になると迫ってきた。危ういところで姉に救われたが、今度は二人が隣の部屋で愛し始めてしまい、その呻き声に彼女はたまらず家に戻ってしまう。一方、家では郁代が婚約者の八也を連れ込んでいた。部屋代を請求に行くと、郁代は好男に体で払ったからと居直ってしまう。そこで、彼女はもう一人の姉、元暴力バーに勤めていた昭子を呼んだ。昭子は八也を誘惑して自分を抱かせると「明日、主人が刑務所から出てくる」と話した。驚いた八也は、郁代を連れて逃げだしてしまった。その夜、久しぶりに二人だけになった彼女と好男は、気がねなく、大声をあげて愛し合った。...

スタッフ

監督
脚本
桂千穂
内藤誠
原作
宇能鴻一郎
企画
奥村幸士
プロデューサー
細越省吾
撮影
水野尾信正
美術
川船夏夫
音楽
甲斐八郎
録音
木村瑛二
照明
加藤松作
編集
川島章正
助監督
児玉高志
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 65分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「宇能鴻一郎の人妻いじめ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi