5時から9時まで 女新入社員
ホーム > 作品情報 > 映画「5時から9時まで 女新入社員」
メニュー

5時から9時まで 女新入社員

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

キャリアウーマンたちが団結して女性蔑視の上司をやっつけるというオフィス・ポルノ。脚本は「新入社員(秘)OL大奥物語」の佐藤繁子、監督は「団鬼六 OL縄地獄」の藤井克彦、撮影は「女教師 汚れた放課後」の米田実がそれぞれ担当。

ストーリー

ライバル会社のトップセールスウーマンだった桑野千絵子を引き抜き、自社の課長補佐待遇につかせた営業部長の槙村は、ただ仕事だけのために千絵子を抜擢したのではなかった。それは彼の良きセックスパートナーとしての意味も含まれていた。千絵子は取り引き相手の外国人から契約を取りつけるために利用しているポルノ・ショップの親父に勧められて秘薬を股間に塗ってみたが一向に効き目がなかった。が、夕方出社すると突然その薬が効き始め、仕方なく部長室に飛び込んだが、合体しようとした時、槙村の妻・真由美が部屋に入ってきたため、成就しなかった。そして、一度肉体関係ができると、女の肉体を自分のために徹底的に利用するのが槙村のやり方だった。秘書のまりも真由美も槙村の犠牲者だった。三人は共謀し、槙村をやっつけることにした。ポルノショップの親父が持ってきた“三年殺し”を塗ったのだ。これを塗れば三年間役立たずになるという秘薬だ。実はポルノショップの親父は槙村の会社の大株主で、悪事が露見した槙村はアラスカに左遷されることになり、後釜には千絵子が坐ることになった。...

スタッフ

監督
脚本
佐藤繁子
企画
進藤貴美男
プロデューサー
秋山みよ
撮影
米田実
美術
中澤克巳
音楽
甲斐八郎
録音
小野寺修
照明
野口素胖
編集
山田真司
助監督
夏博之
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 66分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「5時から9時まで 女新入社員」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi