愛獣 襲る!
ホーム > 作品情報 > 映画「愛獣 襲る!」
メニュー

愛獣 襲る!

劇場公開日

解説

横浜の港を舞台に、刑事に裏切られ殺された母の復讐に向う女の姿を描く。脚本は高橋芳朗と「ズームイン 暴行団地」の黒沢直輔の共同執筆、監督も同作の黒沢直輔、撮影は「もっと激しくもっとつよく」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

横浜の裏町に「ポールスター」と「スターダスト」という小さなバーがある。「ポールスター」は二人の娘をかかえた浮子、「スターダスト」はマキという年増のマダムがやっている。浮子はヤクザを取締る刑事、河村の愛人で、二人は姉妹の前でもおかまいなしに関係した。そんな生活に嫌気がした姉の遊は家を飛び出した。そして五年後。二十二歳になった遊が横浜に戻ってきた。母の浮子はチンピラと心中、妹のルイも行方知れずだ。なんとか妹を探すが、彼女は仲間の少年に姉を強姦させるほどすさんでいた。遊はマキに母のことを訊いた。そして、母の心中以来、河村はヤクザ組織松崎組の大幹部になっていることを知る。遊は母の死に不審を抱き調べ始めた。そのとき、マキの店に松崎組のドスケンが現れ、組の不平を話しだした。遊は体でドスケンに接近する。河村は母を使って麻薬ルートを調べ、警察に知らせないで組に持っていき、口塞ぎに母を心中と見せかけて殺し、自分は大幹部に座ったことを聞きだした。追いつめられた河村は、毎月生活費を送るルイに会った。本当の父親かと迫るルイに、河村は思わず体を重ね、横浜を出ることを告げる。そこへ遊が現れ河村と対峙する。横浜を出るという河村の胸に遊の挙銃が火を噴いた。岸壁にフッ飛び、息づかいの荒い河村の一物をつかむとエレクトさせ、遊はそこに腰を沈めた。腰を激しくグラインドする遊は、やがて雄叫びに似た声をあげながら愛獣と化していく。...

スタッフ

監督
脚本
高橋芳朗
黒沢直輔
企画
進藤貴美男
プロデューサー
細越省吾
撮影
森勝
美術
和田洋
音楽
甲斐八郎
挿入歌
りりィ
録音
信岡信
照明
木村誠作
製作担当
桜井潤一
助監督
加藤文彦
スチール
井上治

キャスト

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「愛獣 襲る!」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi