ドラえもん ぼく桃太郎のなんなのさ
ホーム > 作品情報 > 映画「ドラえもん ぼく桃太郎のなんなのさ」
メニュー

ドラえもん ぼく桃太郎のなんなのさ

劇場公開日

解説

タイムマシンで六四二年前の昔に戻ったドラえもんとのび太の活躍を描くシリーズ第三作。脚本は「じゃりン子チエ」の城山昇、監督は神田武幸、撮影は「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」の高橋明彦、小池彰がそれぞれ担当。

ストーリー

夏休みの宿題で町の歴史をドラえもんの時間カメラで調べていたのび太は六四二年のところで桃太郎、犬、猿、キジの姿を見つけた。そこへ、ママの連れてきた外国人が、先祖の遺した写真を見せるが、そこにも桃太郎、犬、猿、キジが写っていた。桃太郎は実在したのか。そのことを書けば夏休みの宿題も出来る。スネ夫、ジャイアン、しずかを誘ってのび太とドラえもんは六四二年前に旅立った。どう間違えられたか、のび太が桃太郎に仕立てられ、スネ夫、ジャイアン、しずかの三人もドラえもんの変身ビスケットで犬、猿、キジになって鬼退治に鬼が島に行くことになった……。...

スタッフ

監督
監修
楠部大吉郎
脚本
城山昇
原作
藤子不二雄
プロデューサー
別紙壮一
菅野哲夫
作画監督
中村英一
レイアウト
富永貞義
撮影
高橋明彦
小池彰
美術
工藤剛一
音楽
菊池俊輔
整音
大城久典

キャスト

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 47分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

「ドラえもん」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi