制服体験トリオ わたし熟れごろ
ホーム > 作品情報 > 映画「制服体験トリオ わたし熟れごろ」
メニュー

制服体験トリオ わたし熟れごろ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

春休みをむかえた3人の女高生の繰り広げるセックスアバンチュールを描く。脚本は出倉宏、監督は「団鬼六 薔薇地獄」の西村昭五郎、撮影は「セックスハンター 性狩人」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

海老沢家に下宿している高三トリオ、菊子、蘭子、桃子は春休みをむかえ、セックスに翔ぼうとしていた。まず蘭子がビニール本のモデルを始め、菊子は歯科医の伊藤とセックスアバンチュールに走った。しかし、桃子は当主、海老沢剛三の孫、武を密かに慕うほどウブな少女だ。そんな桃子に見かねた二人は、ある日、武の部屋の窓辺に桃子を連れていった。武のエレクトした一物を口に含む母の順子。母子相姦という異常な関係を目撃した桃子は「アッ、オチンチンを食べてる」と叫ぶ。ガックリくる蘭子と菊子。二人に真実を知らされた桃子は、数日後、武を説得しようと部屋に忍び込んで、彼の一物を口に含むと歯を立てた。ギャーッと叫ぶ武、口の周りを血だらけにしてビックリしている桃子。騒ぎに蘭子、菊子も駆けつけた。怒った剛三は三人を折カン。ひどい仕打ちに三人は復讐を決意、セックス武者修業に出発した。数日後、パワーアップした三人は剛三へアタック。スキャンティー一枚で全裸にした剛三を責めたてる。桃子のフェラチオ、菊子のアヌス責め、蘭子の放尿責め……。剛三はついにノックダウン。三人は充実した春休みを過した満足気な表情だ。...

スタッフ

監督
脚本
出倉宏
プロデューサー
結城良煕
制作補
鶴英次
撮影
山崎善弘
美術
柳生一夫
音楽
甲斐八郎
録音
橋本文雄
照明
田島武志
編集
鈴木晄
助監督
菅野隆
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 63分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「制服体験トリオ わたし熟れごろ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi