ラストファンタジー
ホーム > 作品情報 > 映画「ラストファンタジー」
メニュー

ラストファンタジー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

不治の病に冒された息子の夢を叶えようとする父親の姿を描くヒューマン・ファンタジー・ドラマ。監督・脚本は「ネモ」のアルノー・セリニャック。製作はジェラール・ルヴァン。共同脚本は小説家のアレクサンドル・ジャルダン。撮影はジャン・クロード・ラリュー。音楽はジェローム・ソリニーが担当。主演は「真夜中の恋愛論」のジャン・ユーグ・アングラード。ほかにポーランド出身で、「コルチャック先生」のヴォイツェフ・プショニャック、カトリーヌ・サミーらが共演。

ストーリー

宇宙に魅せられ、ET(宇宙人)との交流に憧れる少年フェリックス(ブルーノ)は、明日をも知れない不治の病に冒されていた。我が子の無邪気な夢を叶えてやろうと、動物園の獣医である父ニコラ(ジャン・ユーグ・アングラード)は、フェリックスのお気に入りのET、ガーウィンに変身しようと決意する。宇宙服とマスク、そして実物大の宇宙船を縁日で借りてきたニコラは、ある夜ETになりきってフェリックスに出会うふりをする。フェリックスは宇宙船が故障して不時着したと信じ込み、納屋にガーウィンをかくまった。ニコラの母マーサ(カトリーヌ・サミー)は、ニコラがフェリックスを騙し通せるか心配するが、ニコラの決意は固かった。フェリックスが眠っている時に、宇宙船をワゴン車に乗せたニコラはアルプスに向かった。目覚めたフェリックスは、目の前の銀色の世界を見て、本当に宇宙船で土星まで飛んで来たのだと信じて大喜びする。二人は楽しい冒険のひと時を過ごす。二日目の朝、ニコラが近くのスキー場に電話をかけにいっている時、目覚めたフェリックスはひとり山道を登り、山頂に不思議な建物を見つける。そこでモノクルをかけた初老の男(ヴォイチェック・プショニヤック)に出会うが、彼を悪い宇宙人ゼルケスだと思い込んだフェリックスは大急ぎで宇宙船に帰った。ガーウィンが帰って来た時、フェリックスは高熱を発し苦しんでいた。そこに初老の男が現れ、山頂の自分の家に来たらどうかと言い、ニコラはフェリックスが眠っている時に山頂の家に彼を連れていった。初老の男は医学に通じ、魔法のような不思議な超能力を使える人物で、彼の介抱でフェリックスは回復していった。数日後、本当のことを息子に告白することを勧められたニコラは、眠るフェリックスを車に乗せ、家路につくのだった。...

キャスト

作品データ

原題 Gawin
製作年 1991年
製作国 フランス
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi