詩人ヨーゼフ・アッティラの少年期
ホーム > 作品情報 > 映画「詩人ヨーゼフ・アッティラの少年期」
メニュー

詩人ヨーゼフ・アッティラの少年期

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハンガリーを代表する天才プロレタリア詩人ヨーゼフ・アッティラ(1905ー37)へのオマージュを捧げた一編。アッティラは32歳の若さで鉄道自殺を図っているが、彼の詩はその死後もハンガリー動乱、共産党の独裁政治といった暗黒時代においても、世代を越えて支持され続けた。本作品は、そのアッティラの少年時代の自殺未遂事件を軸に、彼の詩の世界の映像化に迫ろうとした、いかにも短編映画らしい試みがなされた作品といえる。幻想場面での寒々しいハンガリーの原野の光景などが見どころ。監督はコーシャ・フェレネック。

ストーリー

少年アッティラ(シュテルン・ミクローシュ)は今日も石炭を機関車から盗みだし、家に持ち帰って来た。途中、騎馬警官に追われたが、近所の人は心得たもので少年をうまく逃がしてくれた。ひと仕事終えた気分でアッティラが煙草をふかしていると、姉が帰って来て、彼を見つけてほっぺたをひっぱたく。彼は泣き出し、姉は部屋を出て行く。腹いせに彼は自殺しようと決め、いやな姉が近所の皆にいびられる様を想像しながら、ストーブのわきの苛性ソーダらしき粉末を飲み下す。寝入った彼は自分の死を悼んでくれる母や近所の人々の姿を思い描き、甘美な思いに浸る。やがて、苛性ソーダをアッティラが飲んだと騒ぐ姉の呼び声に近所の人が集まってくる。しかしアッティラの母が彼が飲んだものを指差させるとそれはただの小麦粉だった。騒ぎが静まり、母と2人きりになったアッティラは「僕を叱って」と頼むが、母は優しく微笑むばかりだった。...

スタッフ

監督
撮影
Sara Sandor
字幕
岡枝慎二

キャスト

作品データ

原題 Ongyilkossag
製作年 1967年
製作国 ハンガリー
配給 新日本映画社(アミューズビデオ=シネマ・キャッツ配給協力

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「詩人ヨーゼフ・アッティラの少年期」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi