Afternoon 昼下がりの媚薬
ホーム > 作品情報 > 映画「Afternoon 昼下がりの媚薬」
メニュー

Afternoon 昼下がりの媚薬

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アメリカに未だ現存する倒錯と血の儀式に巻きこまれる男女の姿を、二人の興奮の高まりや快楽を描きつつエロチックに浮き彫りにするラブ・ミステリー。監督は「トップ・モデル 魔性の女」のジョー・ダマト。出演は、「ギルダ 暗黒街の情婦」のヴァレンティーヌ・デミー、「ゴーストハウス」のアレン・コートなど。

ストーリー

未だ古い因習が残るアメリカ南部の街ニューオリンズ。ニューヨークの敏腕報道記者コートニー(アレン・コート)は、ここで未だに行なわれているという人間を生贄にしたブードゥ教の儀式を取材するため、若くセクシーな彼の妻コニー(ヴァレンティーヌ・デミー)を伴って現地を訪れた。コニーはセクシーだが内向的で、コートニーはその儀式を見せることで性生活に刺激を与えようともくろんでいる。コートニーは儀式の鍵を握る男ブードロ(ロバート・ラ・ブロッセ)を探すが、ブードロはコニーを襲い、そのまま彼女はブードロのセックスの虜となっていった。コートニーは、以前儀式で夫を殺されたノーラ(ケリー・サリー)から手がかりを得て儀式の行なわれる場所に向かう。そこでは、コニーを生贄にした血の儀式が始まろうとしていた。...

作品データ

原題 Afternoon
製作年 1988年
製作国 イタリア
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi