三国志 第一部 大いなる飛翔
ホーム > 作品情報 > 映画「三国志 第一部 大いなる飛翔」
メニュー

三国志 第一部 大いなる飛翔

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

中国史上最も名高い史書「三国志」の世界を実在の英雄たちの姿を借りて描く歴史スペクタクル。製作は胡其明、曲速模、総監督・脚本は楊吉友、監督はフー・ピン、史和平、潘興の共同、出演は王文有、李雨森、ワン・インほか。日本版字幕は進藤光太、ナレーターは中西龍。

ストーリー

第一部は“桃園の誓い”から“赤壁の戦い”までを描く。時は二世紀末、黄巾の乱によって漢王朝は存亡の危機にあった。その頃、都では董卓(馬永安)が傀儡皇帝を擁し権力を恣にしていたが、貂蝉(ワン・イン)の誘惑にはまった呂布(海軍)によって殺害される。しかしその呂布も曹操(李雨林)によって殺され、替わって官渡の戦いで袁紹を敗った曹操が覇権を握ることになった。一方、もと曹操の下にあった劉備(王文有)は曹操に背くが破れ、妻子と関羽(侯少奎)は曹操に捕えられる。が、関羽は劉備が袁紹のもとに身を寄せていることを知るや脱出、張飛(青格勒)と再会、袁紹亡き後荊州の劉表のもとにいた劉備を戴き、新たな武将趙雲(張建利)も加え態勢の立て直しを計る。弱少を痛感した劉備は三顧の礼をもって諸葛孔明(趙彦民)を軍師に迎え入れる。孔明は曹操に航するため、南方に覇を唱えていた孫権と結び、奇計を案じた火攻めによって赤壁の戦いで勝利を収め、ここに魏、呉、蜀の天下三分の計が成るのだった。...

キャスト

作品データ

原題 Three Great Kingdoms
製作年 1989年
製作国 中国
配給 東宝東和
上映時間 130分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「三国志 第一部 大いなる飛翔」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi