囁きの木蔭(1934)
ホーム > 作品情報 > 映画「囁きの木蔭(1934)」
メニュー

囁きの木蔭(1934)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「たそがれの維納」「女ひとり」のパウラ・ヴェセリーと「マヅルカ」「たそがれの維納」を監督し、「維納の花嫁」に主演したヴィリ・フォルストが顔合わせする映画で、「ジプシー男爵」「F・P一号応答なし」のカール・ハートルが脚色監督に当たり、「シュヴァリエの放浪児」のフランツ・プラナーが撮影し、「夜の鴬」のフランツ・グローテが作曲したもの。助演は「ジャンダーク」のグスタフ・グリュントゲンス、「国際間諜団」のローゼ・シュトラドナー、「夜の鴬」のグスタフ・ヴァルダウ、「別れの曲」のエルナ・モレナ、「あかつき」のマリア・コッペンヘーファー、フランツ・ヘルタリッヒ等。

ストーリー

十五年間連れ添ったナポレオンの皇后ジョセフィーヌには一人の後嗣も生まれなかった。一八〇九年皇后は遂に離別された。その蔭には外交官タレェランの智嚢が働いていた。フランスに征服されたオーストリアの宰相メッテルニヒにタレェランから秘かに一通の手紙がもたらされた。ハプスブルグ家からナポレオンの皇后を選んで後嗣を生む事、さすればオーストリアは安全である。かくして選ばれた佳人はフランツ一世の息女、歳十九のマリー・ルイゼ姫であった。姫はハンガリーの別荘に義母のルドヴィカ王妃と暮らしていた。二人はコルシカ生まれの成り上がり者ナポレオンを憎んでいる。メッテルニヒは適当な人をして説得せしめねば事は破れると知った。そして選ばれたのは王妃の弟でナポレオンの為に領地を没収されたモデナ侯だった。領地を追われた憤りをウィーンの都で酒と女にまぎらせていた侯は直ちにハンガリーへ出発した。マリー・ルイゼと別荘で相見た時、始めて侯は彼女が五年前の愛人であった事に気がついた。姫の純情に打たれたモデナは、メッテルニヒに託された使命を彼女に告げる事が出来なかった。王妃は愛する二人の姿をこよなく喜びその事をフランツ一世に便りしたのだった。王はやむなくありのままを王妃に書き送った。王妃の驚きは如何ばかりであったろう。その時既にモデナは姫に別れも告げずウィーンへ帰った。彼は王に乞うてマリーとナポレオンの結婚を断って貰うつもりであったが、しかしフランスの武力の前に何の施す術があろう。モデナと入れ違いに訪れたメッテルニヒから、姫はオーストリアとハンガリーの運命が彼女の一身にかかっている事を聞かされると、姫の堅い決心も崩れモデナとの恋も捨てなければならなかったのである。婚礼の行われる前に王の計らいで若い二人は最後の別れを惜しんだ。姫はただ自分の生涯で最も幸福な日を過ごさしてくれた事をモデナに感謝した。やがて婚礼の鐘はウィーンの都に鳴り渡り、かくて一つの恋は失われたのであった。...

作品データ

原題 So endete eine Liebe
製作年 1934年
製作国 ドイツ
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi