情炎の島
ホーム > 作品情報 > 映画「情炎の島」
メニュー

情炎の島

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「第七のヴェール」と同じくシドニー・ボックスが製作した映画で、L・A・G・ストロングの小説を、作者自ら、監督デイヴィッド・マクドナルド及びポール・ヴィンセント・キャーロルと協力して映画向きに改作し、「第七のヴェール」と同じくシドニーとミューリエルのボックス夫妻が脚本執筆、大戦記録映画「砂漠の勝利」を製作した、現在ボックスの契約監督たるマクドナルドが監督に当り「キャラバン」のスティーブン・デードが撮影を指揮した。出演俳優は「愛の海峡」「妖婦」のパトリシア・ロック、劇・映画に老巧の名高いウィル・ファイフ、ボックス発見の新人マクスウェル・リードを始め、「渦巻」のフィンレイ・カリー及びジョン・ローリー、「青の恐怖」のメグス・ジェンキンズ、ダンカン・マックレエ、アンドリュー・クロフォードらである。音楽はセドリック・ソープ、デーヴィー作曲、ミューア・マシーソン指揮でロンドン・シンフォニー・オーケストラが演奏している。なお大部分はスカイ島にロケして撮影された。

ストーリー

1900年のことである。スコットランドの西北ヘブリデス諸島のスカイ島であった話--僅かの耕地で働いているヘクター・マックレエ老人は、ジョンとファーガスの二人の息子と暮しながら、ウイスキイの密造をしている。女手がないので、スコットランド本島から、尼僧院で育った孤児メエリイ・ロースンに、手伝いに来てもらう。彼女が着いた日、マックレエの人々はきげんが良くなかった。それは酒密造のことを役人に密告した裏切者を、村人たちと一緒にリンチしたからだ。裏切者は両脇にコルクのうきを抱いて両手を縛られ、脚には重りの石を結ばれ、頭にニシンを結びつけられて、入江に浮べられると、丁度首から上だけ水上に出る。カモメはニシンを突つきに舞下って、彼の頭蓋骨を突き破るという残酷な処刑である。ヘクター老人はメエリイに、マクファーリッシュの一族と口を利いてもならぬと命令し、息子達は冷い眼で横にらみした。冷遇される淋しさにメエリイは、禁制を犯してマクファーリッシュ家のウイリーと友達になる。ある日ウイリーが無体の振舞をしようとした時、ファーガスは彼女を守って大喧嘩をして、父に叱られる。この喧嘩が原因で、長年の仇敵であった両家は、島のおきての力競べをして勝負をつけることとなる。双方男三人がボートを出し、根限り力限り漕ぎ続けるのである。島人総出で見まもる海上を、二隻のボートは漕ぎ回り、ついにマクファーリッシュは三人共ヘタ張った。マックレエ方は、ジョンは早くオールを離したが老人とファーガスがガン張って勝ち、敵に頭を下げさせた。然してこの為にヘクターは死の床に就いた。臨終の枕頭にジョンを招き、老人はファーガスとメエリイを結婚させて欲しいと述べたが、自らも彼女を恋しているジョンは、弟と彼女に対し、自分と結婚せよと父は遺言したと嘘をつく。然し彼を愛しないメエリイは拒絶したので、ジョンは好きでもないアンガシーナを嫁に迎えた。ウイリーはなおメエリイを追回し、それを見たジョンは弟に彼女を鞭うてを命じる。然し彼女を愛するファーガスは一鞭あてただけで愛撫する。ジョンは再びメエリイの肘鉄砲を食うと、弟に彼女の存在はマックレエ家に悪運をもたらすと言う。信じなかったファーガスも、ジョンが病気になると迷い出し、彼女をボートに乗せて漁に出る。夜霧の海は若い二人をのんで了った。ジョンが弟をだまして、二人を死なせたことは、誰知るまいと思いきや、村人の一人に立聞きされていた。ジョンはニシンを頭に乗せられ、リンチを受けねばならなかった。...

作品データ

原題 The Brothers
製作年 1947年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi