青の恐怖
ホーム > 作品情報 > 映画「青の恐怖」
メニュー

青の恐怖

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

脚本作家チームとして名のあったフランク・ローンダーと、シドニー・ギリアットが一九四五年独立プロ、インディヴィデュアル・ピクチュアズを興して、これは第三回作品で一九四六年ギリアットが監督に任じて製作されたもの。クリスチアナ・ブランド作の探てい小説からギリアットがクロード・グァーニーと協力して脚本を執筆している。出演者は「カーニヴァル」「危険な月光」の新星サリー・グレイ、「星への道」の新人ロサムンド・ジョン、「逢びき」「星への道」のトレヴァー・ハワード「ウォタルー街」のアラステア・シムをはじめ「ヘンリー五世(1945)」のレオ・ゲン、ジュディ・キャンベル。

ストーリー

V1号がロンドン市民を神経衰弱に陥れていた一九四四年夏のことである。ロンドン郊外のヘロンス・パアクの病院で奇妙な事件が起った。郵便配達夫で救護班長をしているヒギンスが、V1号爆弾のため脚に負傷し、病院で手術を受けたのであるが、外科医の執刀前に、麻酔剤をかけている途中急死した。彼は負傷はしていたが身体のコンディションは良好であり急死する何等の原因ももなくまた医師の過失でもなかった。所がその晩、病院内で慰安ダンス・パーティが催されている時、手術に立会った看護婦長ベイツがヒギンスの死は他殺であり、自分は犯人も知っており証拠物も握っていると広言した。それから三十分と経たぬ間に彼女は手術室で胸をメスで刺されて殺された。翌朝、警視庁からコックリル警部が捜査主任としてやって来た。検屍報告によれば、死因は心臓を突いた第一傷の即死であるが、その直後第二傷が加えられ凶器は刺したままになっていた。犯行時刻は午後九時から十時までの間であろうという。なお病院長が検査したところ、薬棚の毒薬瓶から四錠盗まれていることが判った。コックリル探偵は、ヒギンスの死も他殺と認め、彼の手術に立会った外科医イーデン、麻酔担当の内科医バーンズ、看護婦サンソン及びウッズ、並びに手術には立会わなかったが手術前夜ヒギンスの病室の当直であり、婦長ベイツの死体発見者である看護婦リンリイの五名を、ヒギンス及びベイツ殺害の容疑者として訊問した。探偵のにらんだように、この五名はベイツ婦長が殺される前後三十分間、みなアリバイがなかったのである。その翌日夜間当番だったリンリイが看護婦宿舎の二階の寝室に一人眠っていると、何者かがガス・ストーヴのせんを開き、彼女を毒殺しようとした。幸か不幸か、サンソン看護婦が発見してこん睡中のリンリイを抱いて階下へ伴ったが階段の中途でリンリイをおとし、人事不省のままリンリイは後頭部を強打した。今度もイーデン、バーンズ、サンソン、ウッズの四名は、リンリイの毒殺をはかる時間の余裕を持っていた。リンリイはすぐ回復したが、コックリル探偵は、彼女が後頭部強打のため脳に故障を生じ、手術することとし、四名の容疑者に立会わせて、ヒギンス事件の犯行現場を再現して、真犯人を発見しようとした。但し、今度はイーデンには執刀させず、パーディ医師が執刀、イーデンは助手となる。院長、探偵および事件に無関係の婦長カーターも、立会ってリンリイの手術が行われた。先ず麻酔が始まるとリンリイもヒギンスと同様な容態に陥る。探偵は麻酔を中止させ、犯人を指名した。その犯人は果してだれであろうか?...

作品データ

原題 Green for Danger
製作年 1946年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi