さすらひの二少年
ホーム > 作品情報 > 映画「さすらひの二少年」
メニュー

さすらひの二少年

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「巴里の暗黒面」の著者ピエール・ドクールセール氏の原作により「紅燈の影」「呪の瀧」等を監督したルイ・メルカントン氏が監督総指揮して製作されたメロドラマで、元来は連続映画であるが輸入された分は短縮して十二巻にまとめたもので、役名など全部原作映画とは異なるものである。主役二少年は、その幼時をジャン・メルカントン君とアンドレ・ロラーヌ君が演じ、少年に成長して後はレスリー・ショウ君と評判のジャン・フォーレ君が演じ、両親はイギリスより招じたるマージョリー・ヒューム嬢とカーライル・ブラックウェル氏が演じる外古い馴染みの名優ガブリエル・シニョレ氏を始め、アルベール・ドゥクウル氏等が助演する。無声。

ストーリー

富豪ジョージ・ソーントンは妻マリオンとの間にジェラルドと云う息子をもうけたが、非常に嫉妬深い男だった。彼の家には妹夫婦も奇寓していたが、妹バーバラは結婚前ダーヴィルという子まで成した恋人があった。不図した間違いでジョージはダーヴィルが己が妻と関係したものと誤信した立腹の極、息子を盗賊に与えてしまった。ジェラルドはディックと呼ばれ仲間のウォリーと共に育てられた。その後ジョージは己が行いを悔いて息子を引取ろうとした。しかしその時はディックは残酷な仕打に堪えず失踪していた為無頼漢はウォリーをジェラルドだといって偽り多額の礼金を貰った。その後も無頼の徒はソーントン家から金を取ろうと試みたが失敗し、誠のジェラルドたるディックも温い両親の膝もとに帰ることが出来た。...

作品データ

原題 Two Little Vagabonds Les Deux Gosses
製作年 1924年
製作国 フランス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi